風が強く吹いている(映画)ネタバレと感想!箱根駅伝の結末は?

風が強く吹いている 映画版 感想 ネタばれ

みなさんは「風が強く吹いている」という作品をご存じでしょうか?

作家、三浦しをんさんが書いた箱根駅伝を目指す大学生たちの青春ストーリーで、2006年9月に小説が発売されました。

2007年には漫画化に続いてラジオドラマ化、そして2009年1月には舞台化、同年10月には映画化、さらに2018年10月にはテレビアニメ化にもなるなど、10年以上に渡って各メディアで取り上げられている人気作品なんです。

毎年1月2日と3日に行われる箱根駅伝もチェックしている私としては、どんな内容になっているのか気になったので、早速AmazonVideoにあった映画版を見てみました。

そこでここでは、映画版「風が強く吹いている」のキャストやあらすじ、そして映画を見た感想などをお伝えしていきたいと思います。

 

風が強く吹いている(映画)の登場人物紹介!

 

それではまず、映画版「風が強く吹いている」の登場人物を見ていきましょう。

役名と俳優さんと合わせて、登場人物の役柄について簡単にご紹介したいと思います。

【メインキャスト】

 

●清瀬 灰二 (ハイジ:小出 恵介)

4年生(キャプテン)

竹青荘の食事作りから掃除まで、チームメンバーの寮母的存在でありながら、チームのリーダーも務める正義感の強い面倒見の良い男。

高校時代からスター選手として活躍してきたが、無理な練習を重ねた結果、膝を故障し一度は走ることを断念。

しかし、走ることへの想いが強かったハイジは、箱根駅伝に出場することを目標に掲げて、最強の駅伝チームを作り始める。

 

●蔵原 走  (カケル:林 遣都)

1年生

中学生の頃から始めた陸上は、オリンピックをも目指せる天才ランナーと呼ばれるほど注目されてたが、ケンカをしてしまったことが原因で、退部に追い込まれてしまう。

以来、誰かに指示をされて走ることが嫌になったカケルだったが、ハイジの想いに共感しはじめ、再び走ることに目覚める。

 

●柏崎 茜  (王子:中村 優一)

2年生

イケメンと呼ぶに相応しく美しい顔立ちから「王子」と呼ばれている。

その見た目とは真逆で、実は夜遊びよりも漫画が大好きな漫画オタク。

1人でいるのが好きな性格であるがゆえに、人とのコミュニケーションが少し苦手で、運動もあまり得意ではない。

 

●平田 彰宏 (ニコチャン:川村 陽介)

3年生

浪人2年、留年1年。

3年生ながらチーム最年長の25歳。

ヘビースモーカーであることから、ニコチンのニコチャンと呼ばれている。

箱根駅伝のために禁煙にも挑戦するなど、見た目はチャラそうに見えるが、根は真面目でメンバー思いな優しい一面も。

 

●ムサ・カマラ(ムサ:ダンテ・カーヴァー)

2年生

アフリカ生まれの留学生。

日本語も上手で人情に厚い性格の持ち主。

竹青荘のメンバーともすっかり溶け込んでいる。

 

●杉山 高志(神童:橋本 敦)

3年生

生まれ育った山村では、毎日往復10キロの山道を歩いて通学していた。

人口が少ない地元では勉強もスポーツも一番の成績で、「神童」と呼ばれていたことが呼び名の由来。

物静かで他人を優先する優しい性格。

 

●岩倉 雪彦 (ユキ:森  廉)

4年生

生まれてすぐに父親を亡くし、これまで一人で育ててくれた母親を楽にさせたいという思いから、弁護士を目指す秀才。

しかし、そんな母親はなんと再婚、、、大学入学と同時に家をしてしまうという経緯を持っている。

冷静に分析をして判断ができるユキは、チームにとって欠かせない存在でもある。

 

●坂口 洋平 (キング:内野 謙太)

4年生

クイズ番組が好きな雑学王。

幼いころから一人になりがちな性格だったキングは親友と呼べる友人がいなかったが、チームのメンバーと箱根駅伝を目指していく中で、仲間の大切さを知るようになる。

 

●城  太郎 (ジョータ:斉藤 慶太)

1年生

双子の城次郎の兄。

弟の次郎とは身体能力も学校での成績もほぼ同じだったが、陸上だけは弟の方が優れていると感じている。

 

●城  次郎 (ジョージ:斉藤 祥太)

1年生

双子の城太郎の弟。

無邪気で天真爛漫な性格は、誰からも好かれるオーラを持っている。

なんだかんだいっても双子の兄とは仲良しで、兄弟で入れ違った振りをして他人を騙すのが好き。

【その他のキャスト】

 

●寛政大学の事務局員:高橋 ひとみ

●東京体育大学陸上部のコーチ:近藤 芳正

●カケルの高校時代の陸上部監督:寺脇 康文

●神童の母:和久井 映見(声の出演)

●ハイジのかかりつけ医:鈴木 京香

●竹青荘のマドンナ 勝田 葉菜子:水沢 エレナ

●東京体育大学陸上部1年 榊 浩介:五十嵐 隼士

●六道大学陸上部4年 藤岡 一真:渡辺 大

●竹青荘の大家&寛政大学陸上部監督:津川 雅彦

参考 トップページ映画 風が強く吹いている 公式サイト

 

注意

※ 次の見出しでは、映画のあらすじや結末について触れています。

ネタバレを見たくないという方は、続きを読まないよう気を付けてくださいね。

 

 

風が強く吹いている(映画)あらすじとネタバレ!箱根駅伝の結末は?

 

それでは次に、映画版「風が強く吹いている」のあらすじをご紹介したいと思います。

【映画のあらすじ】

 

主演の小出恵介さん演じるハイジは元々長距離選手でしたが、練習のし過ぎで怪我をしてしまい、一線を退いていました。

ですが、陸上競技人生の最後に箱根駅伝で走りたいという思いを胸に秘め、独自の感覚で走るセンスがある部員を選び、「陸上競技部」という名は伏せて、家賃は3万円で1日5km走るだけ、食事も出すということを条件に竹青荘に勧誘します。

自らが住人の食事を用意したり、トイレ掃除もするなど、寮母役もこなしながら竹青荘で楽しい毎日を過ごしていました。

箱根駅伝に出場するには最低でも10人は必要ですが、メンバーはハイジを含めて9人。

あと一人足りない、、、そんなときに、大学で住むところを失っていたカケルと出会います。

カケルは高校時代、オリンピックを目指せるランナーとして注目をされていながら、陸上部監督とケンカになり、暴力をふるったことで退部をさせられていました。

ハイジはその事実を知った上で、カケルを住む家と食事を提供すると言い、竹青荘に誘い込みます。

初めはボロボロのアパートで自由気ままな住人たちと共に過ごすことをためらっていたカケルでしたが、家がないよりはマシだと思い、竹青荘で暮らすことを決めました。

そして、10人揃ったところで、ハイジは本来の目的だった「みんなで箱根駅伝に出る」ということを住人たちの前で発表。

しかし、住人の誰一人として、走ることを目的として竹青荘に居たわけではなかったので、「ハイジに上手く乗せられた、騙された、詐欺だ。」と口に出します。

過去に陸上の経験があったり、サッカー部や剣道部に所属していて、それなりに運動能力は長けていても、長距離を走れるだけの体力はないのですから、当然と言えば当然の反応です。

でも、自分たちの面倒を見てくれたのはハイジだったし、ハイジの想いに応えたい、そう思うようになった竹青荘のメンバーは、ハイジが提示した陸上のトレーニングメニューをこなしていきます。

ですが、それまで竹青荘では自由に過ごしていた習慣は続いていて、夜になるとお酒を飲み、みんなで談笑する毎日が変わることはありませんでした。

「走る」ということに対しては真面目だったカケルにとって、箱根駅伝を目指す人が夜な夜なお酒を飲んでいることが理解できず、住人たちとケンカになってしまいます。

そこで仲裁に入ったハイジ、、、と思いきや、カケルにビールを浴びせケンカはヒートアップ。

しかし、そこで本音を言い合ったことで、カケルも少しずつハイジを、そして住人たちのことを理解するようになってきます。

春は土手や河原を走り込み、夏は別荘で合宿をしてトレーニングを重ねたメンバーは、チームの信頼や絆を深めていき、いよいよ最初の関門である箱根駅伝の予選会に臨みます。

予選会を通過できるのは9校()。

8校まで発表された時点で、寛政大学の名前はなく、祈りながらそのときを待つメンバー。

誰もが今持てる力を出し切って、走ることの楽しみも知り、ここまできたならこのメンバーで箱根駅伝を走りたいという思いが強くなっていました。

そして、それまでの努力が報われ、寛政大学は9位ギリギリで予選会を突破、箱根駅伝への道は開かれたのでした。

(※映画が公開された2009年当時の予選通過校。2019年現在において箱根駅伝の予選会で本戦に出場できるのは上位10校、記念大会は11校となっています。)

 

【寛政大学 箱根駅伝の結末は?】

 

念願の箱根駅伝出場が叶った寛政大学陸上競技部。

1区は王子からスタート。

序盤は周りの選手についていけていたように見えたのですが、徐々に順位を下げてしまい、最下位で2区のムサにタスキを繋ぐことに。

ムサのごぼう抜きによって順位を上げていく寛政大学でしたが予期せぬ事態が発生します。

寛政大学の部員はたったの10名。

補欠となる代わりの選手がいない中、神童は大会直前に体調を崩してしまっていたのです・・・。

神童が任されていたのは山登りの5区。

5区は気温差もさることながら、険しい道ばかり。

坂道はどんどん神童の体力を奪い、走っているのか歩いているのか分からないくらい足元がふらついている神童。

みんなの想いとタスキを繋ぐため、もうろうとする意識の中、必死に歩を進める姿は田舎でテレビを見ていた神童の母親にもしっかり届いていました。

なんとか時間内にゴールしたものの、復路は一斉スタートとなってしまった寛政大学。

一夜明けて復路がスタート。

ユキが軽快に坂道を下ると、双子の兄弟へ、そして9区のカケルまで順調にタスキを繋ぎます。

復路のエース区間と呼ばれる9区ではカケルがこれまでの想いをぶつけるかのように猛スピードで駆け抜け、1年生ながらに区間賞を獲得。

そして残るは10区を走るハイジ

みんなの期待が集まります。

しかし、ハイジの右足の古傷は完治していなくて、主治医からは「棄権することを勧める」と言われるほど状態は悪化していましたが、競技人生最後の場を箱根駅伝と決めていたハイジに、そんな言葉が通用するはずはありませんでした。

カケルからタスキを受け取ったハイジは快調に走っていたかのように思われましたが、途中から足に激痛が走り、立ち止まってしまいます。

何度も足を踏み出しては倒れ込み、また立ち上がっては倒れ込む。

でも、けして諦めることなく、前だけを見てゴールを目指すハイジ。

ゴールの先で待っていたメンバーは、ハイジの姿が見えるや否や駆け寄ろうとします。

ですが、そんなことをしては棄権と見なされてしまう、そんな結末をハイジは望んでいないと必死にメンバーを抑えるカケル。

一刻でも早く助けたい気持ちを押さえながら、ハイジに声援を送るメンバー。

片足を引きずりながら、確実に前へと進むハイジ。

あと少し、あと少し、、、たったの10mが何倍にも長く感じるような時間が流れ、ついにゴール・・・。

その結果は、、、ギリギリではありましたが、箱根駅伝初出場にしてシード権を獲得するという、立派なものでした。

おめでとう!寛政大学!!

 

風が強く吹いている(映画)を観た感想!

 

それでは最後に、映画版「風が強く吹いている」を見た感想を、私目線でお伝えしていきたいと思います。

私は原作はおろか、マンガやテレビアニメも見ていなくて、初めて「風が強く吹いている」に触れたのがこの映画版でした。

2時間12分という比較的長めのストーリーでしたが、その長さを感じさせないくらい、映画の世界に入り込んでしまうほど見ていて飽きない映画となっています。

マドンナ的な存在で女優の水沢エレナさんが登場しますが、誰かと付き合うとか、そういった恋愛の要素はなくて、密かに思いを寄せているのかな?と感じさせる素振りを見せる俳優さんの演技で、見ているこちらがどう感じるかに委ねられているところが、むしろ私には好印象でした。

駅伝を走る男の世界を中心に描かれているので、男の意地やプライド、仲間との絆と友情、そういったところに心を揺さぶられる、そんな映画です。

また、普段は見ることができない、箱駅伝の裏側を見ることができるのも、この映画の面白さだと思います。

たとえば、体調不良を押して出場した神童は、レースの後、宿舎の布団で休んでいたのですが、目を覚ました後に実家のお母さんと電話をするシーンもその一つ。

田舎から東京に出てきたという設定の神童、しばらく実家にも帰っていなかったのかもしれません。

お母さんの声を聞いた瞬間に、安心したかのように泣き出す神童の姿、そして「テレビを見てたよ。テレビを見ながら、みんなで頑張れって叫んでいたんじゃなくて、もうやめてって言ってたんだよ。」というお母さんの言葉に、なんだか私までも感動してしまい、思わず涙。。。

関東の大学しか出場していない箱根駅伝なのに、全国区で放送されていることに批判的な声を聞くこともありますが、息子の姿をテレビを通じて見ることができる家族もいる、ということに初めて気づかされました。

また、キャラクターはそれぞれ違いますが、イケメン揃いなところも良いですよね。

そこはさすが映画っていう感じです(笑)

それから、本番さながらに予選会や箱根駅伝を忠実に再現しているので、多くの大学の陸上選手が参加していたり、道路の整備や沿道で応援するエキストラなど、撮影するのが大変だったのではないかな?と思いました。

2009年公開ということもあって、予選会で通過できる大学の数や、今は禁止されている監督から選手への給水など、ルール改正前の様子も描かれているので、あくまでも映画だと思って見ることをおススメします。

箱根駅伝を舞台とした映画ではありますが、ちょっと男くさい青春ストーリー。

家族や友情の暖かさも感じられますし、見終わったあとには優しい気持ちになることができますので、AmazonVideoを見ることができる方は、見て損はない映画だと思います。

 

風が強く吹いている(映画)まとめ

 

映画版「風が強く吹いている」のキャストやあらすじ、そして映画を見た感想についてご紹介してきました。

映画と漫画、テレビアニメなどではまた違った表現があるかもしれないので、見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

箱根駅伝を好きな方は、ぜひご覧になって欲しい作品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です