【箱根駅伝】明治大学が弱いのはなぜ?出場回数や成績&過去最高順位も

 

箱根駅伝で明治大学といえば、常連校としても有名ですよね。

また、紫のユニフォームに「M」の文字が描かれているのを思い出す人も多いのではないかと思います。

ですが、近年は青山学院大学や、東海大学の陰に隠れてしまっている印象もある明治大学。

過去に総合優勝7度も経験している明治大学ですが、第96回大会(2020年)では5年振りにシード権を獲得したということで、常に上位成績だったわけではなかったようです。

では、明治大学が箱根駅伝に初出場したのはいつだったのでしょうか?

これまでの出場回数過去最高順位など、気になる点がたくさんあるかもしれません。

また、10000mのタイムはいいのに毎年の箱根駅伝ではなぜ弱いのか?という疑問についても調べてみました。

さらに明治大学体育会競走部について、これまでの箱根駅伝での歴史や注目選手、体育会競走部の様子などなど順番にご紹介していきたいと思います。

 

 

箱根駅伝での明治大学の歴史や出場回数&成績は?

 

それではまず、箱根駅伝における明治大学の歴史出場回数、そして箱根駅伝での成績についてご紹介していきたいと思います。

 

箱根駅伝における明治大学の歴史

 

明治大学体育会競走部創部1907年(明治40年)

なんと、明治40年なんです!

部活動の名前が陸上競技部とか駅伝部とかではなく、体育会競走部というも珍しいなと思ったんですが、明治40年に創部されたというのを聞くと、部活動の名前にも歴史を感じますね。

そして、明治大学が箱根駅伝に初出場したのは、こちらも驚きの第1回大会

しかも、この第1回大会の出場校はたったの4校で、明治大学(2位)の他には、優勝した東京高等師範学校、3位は早稲田大学、4位は慶応義塾大学という豪華な顔ぶれ。

当然、この頃はまだシード権といったものはなく、出場校も10校前後と今よりも小さい規模で行われていました。

とはいっても、第2回大会初優勝(全7チーム)を飾ると、第5回(全9チーム)・6回大会(全10チーム)と2連覇するなど、明治大学は箱根駅伝大会をリードする存在であったことは確かだったようです。

ですが、出場校が15校となった第31回大会(1955年)以降、中央大学と日本大学が1位2位を争う年が続き、第41回大会(1965年)からは順天堂大学が、第49回大会(1973年)からは大東文化大学などが上位を占める形に。

そしてついに、第51回大会(1975年)から第59回大会(1983年)まで、明治大学は箱根駅伝の本戦から姿を消すことになります。

第60回大会(1984年)から再び箱根の地に踏み入れるも下位に甘んじる年が続き、そしてなんと、68回大会(1992年)から80回大会(2004年)まで、箱根駅伝不出場となってしまったのです。

こんなにも長い間、箱根駅伝に出場していなかったというのは正直驚きました。

第85回大会(2009年)で5位に浮上すると、第88回大会(2012年)には3位と順位を上げ、シード権内に入ることも多くなっていきます。

第94回大会(2018年)に予選会を突破できず、本戦の出場を逃すも、第95年大会(2019年)は予選会から勝ち上がり17位、第96回大会(2020年)には箱根駅伝の予選会から勝ち上がり6位と大健闘。

5年振りのシード権を獲得しました。

第97回大会(2021年)の箱根駅伝では、11位とあと一歩シード権には届かずでしたけれど、箱根駅伝2022の予選会では1位で通過し、第98回大会(2022年)の復路では3位と健闘するも総合14位という結果に。

箱根駅伝で安定してシード権を獲得するということは、そう簡単に出来るものではないのでしょうね。

2022年は、まずは予選通過を目標に頑張ってほしいと思います。

 

そのほかの細かい記録は、以下をご覧ください

 

明治大学 箱根駅伝の成績

 

明治大学 箱根駅伝の成績
 記 録回 数
出場回数63回
シード出場回数15回
総合優勝回数7回
往路優勝回数5回
復路優勝回数5回
区間賞獲得数54回

※ 2022年4月現在

 

明治大学 箱根駅伝の今までの順位記録

 

明治大学 箱根駅伝の今までの順位記録
回・年総合順位往路順位復路順位
98回
2022年
14位17位3位
97回
2021年
11位14位7位
96回
2020年
6位5位4位
95回
2019年
17位11位21位
94回
2018年
本大会に出場なし
93回
2017年
18位17位16位
92回
2016年
14位17位9位
91回
2015年
4位2位6位
90回
2014年
6位7位7位
89回
2013年
7位4位13位
88回
2012年
3位3位3位
87回
2011年
5位4位7位
86回
2010年
10位6位14位
85回
2009年
8位7位9位
84回
2008年
本大会に出場なし
83回
2007年
16位11位19位
82回
2006年
18位16位19位
81回
2005年
18位16位19位
80回
2004年
~68回
1992年
本大会に出場なし
67回
1991年
14位6位15位
66回
1990年
本大会に出場なし
65回
1989年
11位13位8位
64回
1988年
10位12位6位
63回
1987年
14位14位12位
62回
1986年
15位12位15位
61回
1985年
15位15位14位
60回
1984年
18位18位17位
59回
1983年
~51回
1975年
本大会に出場なし
50回
1974年
17位15位17位
49回
1973年
本大会に出場なし
48回
1972年
15位15位15位
47回
1971年
本大会に出場なし
46回
1970年
本大会に出場なし
45回
1969年
15位15位9位
44回
1968年
本大会に出場なし
43回
1967年
15位15位12位
42回
1966年
10位10位8位
41回
1965年
8位10位7位
40回
1964年
9位7位8位
39回
1963年
2位4位1位
38回
1962年
2位4位2位
37回
1961年
5位3位5位
36回
1960年
10位10位10位
35回
1959年
本大会に出場なし
34回
1958年
本大会に出場なし
33回
1957年
14位11位15位
32回
1956年
14位15位13位
31回
1955年
本大会に出場なし
30回
1954年
5位4位5位
29回
1953年
4位5位7位
28回
1952年
4位3位4位
27回
1951年
2位2位3位
26回
1950年
3位3位4位
25回
1949年
1位1位2位
24回
1948年
3位6位4位
23回
1947年
1位1位3位
22回
1943年
本大会に出場なし
21回
1940年
本大会に出場なし
20回
1939年
本大会に出場なし
19回
1938年
失格2位2位
18回
1937年
3位2位5位
17回
1936年
8位9位9位
16回
1935年
5位3位6位
15回
1934年
6位5位6位
14回
1933年
4位4位4位
13回
1932年
9位9位7位
12回
1931年
5位6位4位
11回
1930年
2位4位3位
10回
1929年
1位2位1位
9回
1928年
1位1位2位
8回
1927年
3位2位3位
7回
1926年
2位2位1位
6回
1925年
1位2位1位
5回
1924年
1位2位1位
4回
1923年
4位1位5位
3回
1922年
3位5位2位
2回
1921年
1位2位2位
1回
1920年
2位1位3位

※ 2022年4月現在

※ 第19回大会(1938年)明大が出場選手の資格に疑義ありで失格となる。

参考 過去の記録箱根駅伝 東京箱根間往復大学駅伝競走公式ホームページ

 

箱根駅伝の歴代優勝校の記録はこちら
>>>箱根駅伝 歴代優勝校の記録
箱根駅伝 歴代優勝校の記録

 

箱根駅伝で明治大学はなぜ弱いの?その理由を考えてみた!

 

改めて過去の順位や成績などをみてみると、明治大学が箱根駅伝に出場すらできなかった年がかなりあるのですよね。

また、箱根駅伝に出場してはいるものの、シード校としての出場は思ったより多くないのです。

明治大学は選手たちは10000mのタイムはいいのに、なぜ毎年箱根駅伝では弱いのかと疑問に思う人もいるようですね。

明治大学の鈴木聖人選手はその点に関して、流れを変えるような強さロードで勝ち切る強さが必要だと分析しています。

「確かに10000mの記録では(今年の箱根駅伝の)各区間の上位だった選手も明治にはいたのに、流れを変えるような強さが足りないと感じました。記録をもっていてもレースではトップでゴールできる選手は少ないです。そういう勝ちきる強さが必要だと思いました」

4years. 明治大・鈴木聖人 ラストイヤーは箱根駅伝を勝ちきる「強さ」を主将の走りで見せたい

実際に、10000mを走るのと、ハーフマラソンを走るのでは全く別物として考える必要があります。

また、トラックを走るのとロードを走るのとでも全く違うのですよね。

トラック競技だけでは、箱根駅伝の予想することはできません。

ロードが弱いのは、設備の問題や、箱根駅伝のような長い距離を走るための練習が不足しているから、と練習量の問題もあるよう。

練習拠点の問題寮の立地の問題といった、選手たちの努力では変えられない環境の問題も少なからず影響あるかもしれません。

選手層の薄さという指摘もあります。

確かに、箱根駅伝で毎年シード校となっている常連校に実力のある新入生が集まる傾向は否めません。

20キロ以上走り切れる選手が10名以上いないと、箱根駅伝で強豪校と肩を並べて闘っていくのは難しいでしょう。

ただ、タイム記録などをみても選手たちの持っている実力そのものは、決して劣っているともいえないのですよね。

箱根駅伝で闘うのに必要なのは、速さではなく強さとよく言われるのですけれど、トラックという平坦な走る条件の整った場所で走るのと、一般道路の山あり谷あり、時には海風といった気候の影響も大きく受けやすいロードを走るのとでは求められるものが大きく違うのでしょうね。

現在シード校の常連校となっている大学を見ていると、強くなるために5年、10年スパンで考えて選手たちを育てるだけでなく、大学側がかなり力を入れてスカウトしたり、環境を整えたりと強化を図って、今に至っているように感じます。

トラックでも速い、ロードでも強い、明治大学のチームがそういわれるチームに育っていくことを期待しています。

 

明治大学出身の有名選手

 

それでは次に、明治大学出身の注目選手、そして現在在学中の注目選手についてご紹介したいと思います。

 

明治大学出身の有名選手(阿部弘輝)

 

★ 阿部 弘輝(あべ ひろき)

【経歴やどんな選手か?魅力なども】

1997年11月19日生まれ 福島県須賀川市出身。

学校法人石川高等学校卒業。

阿部弘輝選手は野球の体力づくりをするために、大会期間中だけ活動していた特設陸上部に勧誘されたことがきっかけで、本格的に長距離に取り組むようになったんだそうです。

元々は陸上ではなく野球をしていたんですね。

阿部弘輝選手は、現:旭化成で東洋大学出身の相澤晃選手とのライバル関係が多く伝えられていますが、高校時代はチームメイトで、さらに地元の円谷ランナーズというスポーツ少年団にも所属していたそうですよ。

ライバルとはいえ、よく知った仲なのかもしれませんね。

高校時代には、2年連続で全国高校駅伝に出場していて、2年生のときは6区を走り区間4位、3年生のときには1区を走り区間10位という成績を残しています。

明治大学に進学してからも箱根駅伝には3度出場していますが、順風満帆な選手生活ではなかったようです。

チームの箱根駅伝予選落ちに加えて、関東インカレでは2部に降格するなど、悔しい思いも経験しました。

さらに、大学4年生になって6月を過ぎた頃、体に違和感があったという阿部弘輝選手。

ラストイヤーにも不運が訪れます。

イタリアのナポリで行われたユニバーシアード男子10000mでは銀メダルを獲得したものの、続くホクレンディスタンスチャレンジ網走大会5000mへの出場を最後に、レースから遠ざかってしまうことになってしまうのです。

実はこのとき、右の股関節と腸腰(ちょうよう)を痛めていて、2ヶ月間、全く走ることができませんでした。

ですが、主将としての役割を果たすべく、夏の合宿ではチーム内で怪我をしている選手を集めてミーティングを行い、練習再開に向けての具体的なアドバイスを行っていたのだそうです。

阿部弘輝選手自身も練習ができないという状況の中でのこうした取り組みは、とても素晴らしいですよね。

治療とリハビリの効果もあり、少しずつ状態が上向きになってきた阿部弘輝選手でしたが、箱根駅伝の予選会への出場は見送り、サポート役に徹しました。

箱根駅伝の予選会で明治大学は4位で突破、チームは箱根駅伝本戦への切符を手にしました。

「阿部さんが走れないのは分かっていたから、自分がやってやる」という気持ちが、下級生たちを奮い立たせたといいます。

阿部弘輝選手の存在感と信頼がチームを一つにしたんですね。

そして、阿部弘輝選手自身の調整の成果もあって、大学生活最後の箱根駅伝7区を快走。

なんと、区間賞区間新記録を同時に獲得、笑顔で終えることができて本当に良かった。

2020年4月には住友電工へ入社、陸上競技部に所属。

第63回(2020年)関西実業団対抗駅伝競走大会では4区間賞区間新記録を樹立しました。

 

【箱根駅伝での成績】
第93回大会(2017年) 4区 区間13位
第95回大会(2019年) 3区 区間2位
第96回大会(2020年) 7区 区間賞(区間新)

 

【大学卒業後の主な記録】

第63回関西実業団駅伝 4区 区間賞(区間新記録)

 

【自己ベスト】
5000m 13分37秒19(年)
10000m 27分56秒45(2018年)
ハーフマラソン 1時間02分16秒(2018年)

 

出典:住友電工公式HP 長距離 阿部弘輝

 

 

明治大学の山本佑樹監督について紹介!

 

それでは最後に、明治大学の山本佑樹監督や、明治大学体育会競走部についてご紹介したいと思います。

★ 山本 佑樹(やまもと ゆうき) 監督について

1977年7月10日生まれ 静岡県静岡市出身。

常葉学園橘高校卒業後、日本大学へ進学。

大学時代の主な成績は、1996年の世界ジュニア陸上競技選手権大会5000mで7位、日本学生陸上競技対校選手権大会10000mでは1997年1999年の2度の優勝箱根駅伝には2度出場しています。

日本大学を卒業後は、旭化成に入社。

2002年にはマラソンにも挑戦し、初出場の北海道マラソンでは準優勝を飾っています。

2006年に現役を引退後、旭化成陸上部のコーチに就任。

2017年明治大学体育会競走部のコーチを経て、2018年に同監督に就任。

低迷が続いていた明治大学の古豪復活を担うかたちになった山本佑樹監督ですが、就任2年目にして第一目標だった箱根駅伝でのシード権獲得を達成。

明治大学体育会競走部は、山本佑樹監督を筆頭に更なる高みを目指します。

 

明治大学体育会競走部のここに注目!

 

明治大学体育会競走部のここに注目!という点について紹介したいと思います。

明治大学体育会競走部の練習拠点は、八幡山グラウンド

全天候型の400mトラックには時折東京近郊の実業団チームも練習に訪れることもあるので、選手たちには良い刺激になっているのだそう。

そのほか、砧公園のサイクリングコース多摩川の河川敷駒沢公園内のサイクリングコースなどでランニングを行います。

また、個人練習の場所として、明治大学泉キャンパスと駿河台キャンパス内にあるトレーニングルームなどを利用することも。

競走部の合宿所は八幡山グラウンドに隣接しているので、練習後のシャワーや食事なども済ませることができるというのはとっても便利ですね。

各キャンパスとのアクセスも良いので、生活もしやすいと評判です。

長らく低迷を続けていた明治大学体育会競走部でしたが、2019年度主将だった阿部弘輝選手がリーダーシップを取っていたお陰で、阿部弘輝選手を目標にしていた鈴木聖人選手が成長してきていて、さらに鈴木聖人選手を指標としている下級生たちも伸びてきているという好循環がチーム内に生まれているとのこと。

4年生が卒業したらそれで終わりではなく、その後も良い流れが出来ているというのは簡単なことではないですし、個々の意識と努力が伴なっている証拠なのでしょうね。

新しいチームの活躍も非常に楽しみです。

 

【箱根駅伝での成績】
第74回箱根駅伝 2区 4位 1時間08分43秒
第75回箱根駅伝 2区 6位 1時間09分42秒

 

【大学卒業後の主な記録】

2002年 北海道マラソン 2位

 

 

 

明治大学を応援するのに参考になるサイトも紹介!

 

・明治大学体育会競走部公式ウェイブサイト
参考 トップページ明治大学体育会競走部公式ウェブサイト

・Twitter 明治大学体育会競走部
参考 明治大学体育会競走部Twitter

 

【箱根駅伝】明治大学まとめ

 

明治大学体育会競走部について、箱根駅伝での歴史や記録、そして監督や練習環境などについてご紹介してきました。

明治大学は箱根駅伝の常連校というイメージがありましたが、過去に2回度も10年近く箱根駅伝に出場していない時期があったというのは、とても驚きました。

第96回大会(2020年)では5年振りにシード権を獲得したことで、チーム内にも活気が戻り、97回大会・第98回大会も予選通過からの出場になりましたけれど、連続で箱根駅伝に出場しています。

2022年の予選会も通過をまずは目標に頑張ってほしいと思いますし、箱根駅伝の常連校、古豪の復活に期待しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。