【箱根駅伝】東京国際大学の歴史や出場回数&成績!注目選手についても

第96回大会(2020年)箱根駅伝において、チーム初のシード権を獲得した東京国際大学

3区では、ヴィンセント選手が1時間を切る区間新記録を出したことで、メディアでも大きく注目されました。

そんな東京国際大学ですが、箱根駅伝の常連校だった?と思うと、名前は聞いたことがあっても、あまり目立った記録や記憶がないなという方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、東京国際大学の過去最高順位は第95回大会(2019年)の総合15位だったのです。

では、東京国際大学が箱根駅伝に初出場したのはいつだったのでしょうか?どんなチームなんでしょうか?

そこでここでは、今後の活躍が期待されている東京国際大学駅伝部について、箱根駅伝での歴史や注目選手、駅伝部の様子などについてお伝えしていきたいと思います。

 

箱根駅伝での東京国際大学の歴史や出場回数&成績は?

 

それではまず、箱根駅伝における東京国際大学の歴史や、箱根駅伝の出場回数、そして箱根駅伝での成績についてご紹介していきたいと思います。

箱根駅伝における東京国際大学の歴史

東京国際大学駅伝部の創部は2011年

他の大学と比べると、とっても若いチームということが分かりますね。

そして、創部5年目の第92回箱根駅伝の予選会にて9位に入賞を果たし、悲願の箱根駅伝本戦への切符を手にしました。

箱根駅伝初出場となった第92回大会(2016年)の総合成績は17位。

翌年は予選会を通過することができず、箱根駅伝に出場することが叶いませんでしたが、第94回大会(2018年)から3大会連続で箱根駅伝に出場しています。

第96回箱根駅伝の予選会においてトップ通過を果たと、本戦となった第96回大会(2020年)の箱根駅伝では総合5位という大躍進を遂げ、初のシード権も獲得しました。

3区を走って区間賞を獲得し、そしてシード権獲得にも大きく貢献したイエゴン・ヴィンセント選手はまだ現役2年生。

これからの東京国際大学駅伝部の活躍にも期待できそうです。

そのほかの細かい記録は、以下をご覧くださいね。

●出場回数: 4回

●シード権獲得回数: 1回 

●総合優勝回数: 0回

●往路優勝回数: 0回

●復路優勝回数: 0回

●区間賞獲得数: 1回

●過去5年間の成績

92回(2016年):総合 17位・往路 12位・復路 18位
93回(2017年):出場なし
94回(2018年):総合 17位・往路 19位・復路 15位
95回(2019年):総合 15位・往路 17位・復路 16位
96回(2020年):総合 5位・往路 3位・復路 6位

参考 東京国際大学箱根駅伝 東京箱根間往復大学駅伝競走

 

東京国際大学に現在在学中の注目選手は?

 

それでは次に、東京国際大学に在学している注目選手についてご紹介したいと思います。

ここでご紹介するのは、第96回大会(2020年)箱根駅伝の3区を走り、1時間を切る速さで区間賞を獲得したケニア人留学生のイェゴン・ヴィンセント・キベット選手です。

【現在在学中の注目選手】

●ヴィンセント(ケニア出身)

●どんな選手か?魅力なども

2000年12月5日生まれ ケニア出身

チェビルベレク高校卒業

第96回大会(2020年)箱根駅伝出場時は1年生でしたが、2020年5月現在は東京国際大学経済学部の2年生です。

ヴィンセント選手はケニア出身ということもあって、日本に来た当初はコンクリートの上を走ることに慣れていなかったんだそうです。

また、ヴィンセント選手は大学から日本に来たので、入学当初は日本語が全くしゃべれなかったといいます。

そんなヴィンセント選手の支えとなったのが同じくケニア出身で、チームメイトのルカ・ムセンビ選手。

ルカ・ムセンビ選手は高校生の頃に来日し、仙台育英高校出身ということもあって、スワヒリ語を日本語に訳すことができたというわけなんです。

でも、ヴィンセント選手も日本語を覚えるのが早くて、入学して3か月後には「おつかれ!」とチームメイトに声をかけていたんだとか。

少しでも早くチームに溶け込もうとする努力が感じられます!

2019年9月に行われた日本インカレ5000mでは13分35秒75で優勝し、チームとして初の日本一に導き、同10月に行われた箱根駅伝の予選会でも個人3位に入るなど、1年生にしてチームの中心選手となったヴィンセント選手。

そしてなんと、初出場となった第96回大会(2020年)箱根駅伝では、人生で初めてタスキリレーをしたのだそうですよ。

来日1年目となった2019年シーズンは、ヴィンセント選手にとっても思い出深い年となったことでしょう。

青山学院大学陸上競技部の原晋監督からは、「F-1カーのようだった」との賞賛を受けたヴィンセント選手、今後の活躍も楽しみです。

●箱根駅伝での成績
第96回大会(2020年) 3区 区間賞(区間新)
記録59分25秒

●そのほかの成績
10000m公認記録 27分47秒76
ハーフマラソン公認記録 1時間02分23秒

 

東京国際大学の監督&駅伝部ついて紹介!

 

それでは最後に、順天堂大学の大志田秀次監督や、東京国際大学駅伝部についてご紹介したいと思います。

● 大志田 秀次(おおしだ しゅうじ)監督について

1962年5月27日生まれ 岩手県盛岡市出身

盛岡工業高校を卒業後、中央大学へ進学。

箱根駅伝には2度の出場経験を持ち、4年生の時には8区で区間賞を獲得しています。

中央大学を卒業後は本田技研へ入社。

1986年にソウルで行われたアジア大会の1500mで金メダルを獲得するも、1989年に現役を引退。

その後、1991年から2001年は本田技研のコーチを、そのうち1994年から1999年までは中央大学のコーチを兼任、1996年には中央大学の箱根駅伝総合優勝にも貢献しています。

2000年からNHK箱根駅伝の解説者としてご活躍していましたが、2011年より東京国際大学駅伝部の監督に就任し、現在に至ります。

2019年シーズンに主将を務めた内山涼太選手によると、大志田秀次監督は選手一人ひとりと話しをして状態を聞いたり、怪我をしている選手の回復状態もしっかり把握しれくれていたりと、まるでみんなのお父さんみたいな存在で、とても優しい方なんだそうです。

選手からも慕われている素敵な監督さんなんですね。

●東京国際大学駅伝部について紹介!

東京国際大学駅伝部が主に活動しているのは、坂戸キャンパス(総合グラウンド)です。

坂戸キャンパスでは駅伝部のほか、野球やサッカー、アーチェリーやゴルフなど、多くのクラブの実践拠点となっています。

第1・第2キャンパスからはバスの往復便が運行されているので、学業とスポーツを両立しやすい環境にあると言えそうです。

そしてこの坂戸キャンパスには独自のカントリーコースもあり、アップダウンを活用した多彩なとレーニンが可能となっていて、敷地内に駅伝部の合宿所や食堂、そしてトレーニングセンターもあるので、1ヶ所で充実した選手生活を送ることができます。

また、トレーニングセンターには高度2500mと同程度の環境で練習ができる低酸素室にくわえて、エアロバイクやランニングマシーンも完備されているなど、選手の強化に力を入れていることがも伺えます。

「のびのびしていて明るいことだけは負けない」

お父さんのような大志田秀次監督と下級生でもしっかりと意見も言える、そんな良い空気を兼ね備えている東京国際大学駅伝部、これからの活躍に期待したいです。

●東京国際大学を応援するのに参考になるサイトも紹介!

・東京国際大学HP
参考 駅伝部順天堂大学HP

・Twitter 東京国際大学駅伝部
参考 東京国際大学駅伝部

・GoGoTIU~東京国際大学応援ブログ~
参考 GoGoTIU~東京国際大学応援ブログ~ameblo

 

【箱根駅伝】東京国際大学まとめ

 

東京国際大学駅伝部について、箱根駅伝での歴史や記録、そして監督や練習環境などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

創部9年目にして初のシード権を獲得するなど、急成長を見せている東京国際大学。

一躍有名になったヴィンセント選手のほかにも、丹所健選手など、まだまだ若手の注目選手が多くいます。

この若いチームがどこまで常連校を追い詰めることができるのでしょうか?

ますます白熱してきそうな箱根駅伝、次の大会も楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です