箱根駅伝のゼッケンについて超初心者でも分かるように説明!

 

箱根駅伝の出場選手が付けているゼッケン(ナンバーカード)の大学名の下にある番号にはどういう意味があるか、ご存知でしょうか?

ゼッケンに書かれている数字には、ある一定の決まりがあるんですよ。

その決まりを知っているのと、知らないとでは箱根駅伝の観戦の面白さが全然違ってくるのですよね。

ということで、どんな意味があるのか、超初心者にも分かりやすくお伝えしたいと思います。

 

箱根駅伝のゼッケンの番号ってどんな意味があるの?

 

箱根駅伝のルールや専門用語について、箱根駅伝ビギナーくんさくきよの会話を通して説明するシリーズ「超初心者でも分かる箱根駅伝」。

今回は『ゼッケン(ナンバーカード)の数字』について、超初心者にも分かりやすくお伝えしていきますね。

 

箱根駅伝ビギナーくん

さくきよさん、箱根駅伝に出場する選手のゼッケンには数字が書かれていますよね。

この数字ってどういう意味があるんですか?

 

なかなかいい点に気がついたね。

ゼッケンの数字にはきちんとした決まりがあるんだよ。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

数字に決まりがあるの?

 

そうなの。

まずは前半の数字なんだけど、エントリーナンバーが書かれているんだよ。

詳しく説明すると、1~10はシード順(前年度の順位)になっていて、11~20は予選会の順位になってるの。

21は、関東学生連合チームの番号。

具体的に言えば、1だったら前年度1位の大学ってことになるし、11だったら予選会1位の大学ってことになるんだよ。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

前年の箱根駅伝や、予選会の順位で番号がふられてるんだね。

なるほど。

 

後半の数字1~10は選手が走る区間を表していて、11~16は補欠選手の番号なんだよ。

具体的に言うと、1だったら1区を走るってことで、11だったら補欠ってことになるの。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

後半の数字は走る区間ってことなんだ。

ゼッケンを見るだけで、シード校として出場しているのか、予選会を通過して出場しているのかが分かるし、その選手がどの区間を走るのかも分かるんだね。

決まりを知っていると見分けやすくなるね。

 

後半の数字の11~16は補欠ってことなんだけど、箱根駅伝ではエントリー変更のルールというのがあって、往路も復路もレース開始1時間前にメンバーを変更することができるの。

つまり、コースを走っている選手で後半の数字が11~16の選手がいたら、補欠メンバーから正規メンバーに変更になったということも見て分かるんだよ。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

なるほど。

ゼッケンの数字だけで選手のいろいろな情報が分かるんだね。

 

なかなか考えられているよね。

後、これは補足情報なんだけど、今はゼッケンが『ナンバーカード』って呼び方に変更になったんだよ。

ゼッケンというのは日本だけの呼び方で、海外の大会に出場するアスリートが増えたのもあって、国際陸上競技連盟で使っているナンバーカードって言葉に統一したみたい。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

今は、ナンバーカードって言うんだ。

上書きしておきます!

 

箱根駅伝のゼッケン(ナンバーカード)まとめ

 

箱根駅伝ビギナーくんさくきよの会話から、箱根駅伝のゼッケン(ナンバーカード)の数字について理解していただけたでしょうか?

最後にもう一度、『箱根駅伝のゼッケン(ナンバーカード)』について、箱根駅伝ビギナーくんに簡単にまとめてもらいました。

 

箱根駅伝ビギナーくん

箱根駅伝のゼッケン(ナンバーカード)の数字について簡単にまとめると、

前半の1~10は前年のシード順、11~20は予選会の順位で、21は関東学生連合チームの番号

後半の1~10は走る区間で、11~16は補欠選手の番号

ということかな?

 

分かりやすく、簡潔にまとめてくれてありがとう。

よくできました!

さくきよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です