箱根駅伝の復路一斉スタートについて超初心者でも分かるように説明!

 

箱根駅伝の復路のスタート、いわゆる『復路一斉スタート(繰り上げ一斉スタート)』というのはどのようなルールなのでしょうか?

超初心者にはすこし分かりにくいかもしれませんね。

ということで、箱根駅伝の復路一斉スタート(繰り上げ一斉スタート)について、超初心者にも分かるように説明したいと思います。

 

箱根駅伝の復路一斉スタートとは?

 

箱根駅伝のルールや専門用語について、箱根駅伝ビギナーくんとさくきよの会話で学ぶ【超初心者でもわかる箱根駅伝】シリーズ。

今回は、箱根駅伝の『復路一斉スタート(繰り上げ一斉スタート)』について、超初心者にも分かりやすくお伝えしていきますね。

箱根駅伝ビギナーくん

さくきよさん、箱根駅伝の一斉スタートって何?

 

復路一斉スタート繰り上げ一斉スタートとも呼ぶ)のことね。

簡単に説明すると復路一斉スタートというのは、復路の6区をスタートする際に1位から10分以内の大学は時差スタートを行い、その他の大学は1位校のスタートから10分後に同時スタートするというルールのことだよ。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

復路のスタートは、1位から順番に全ての大学がタイム差でスタートするんじゃないの?

 

復路のスタートは、全ての大学が順番にタイム差でスタートするわけじゃないんだよ。

タイム差でスタートする大学と、一斉にスタートする大学があるの。

どちらのスタートになるかは、1位とのタイム差が10分以上あるか、ないかの違い。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

1位とのタイム差が10分以上か、そうでないかで復路のスタート方法が違うんだね。

 

そうなの。

例えば往路の結果、1位の大学とのタイム差が10分以内の大学が9校(2~10位)、10分を超えた大学が10校(11~20位)だったと想定してみるね。

1位の大学がスタートした後、2位~10位の大学10校は順番にタイム差でスタート。

11~20位の大学10校は同時に一斉スタート。

という感じにスタートするんだよ。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

なるほど。

でも、どうして復路は往路みたいに全チーム同時スタートじゃないの?

 

箱根駅伝は公道を使っているから、1位のチームと最下位のチームとの時間差があり過ぎると、交通規制する時間が長くなって、あちこちで渋滞がおきて一般の道路利用者にも凄く迷惑をかけてしまうことになるんだよね。

なので、下位のチームのスタートを早めることによって規制時間を短縮するために、復路一斉スタート(繰り上げ一斉スタート)っていうルールがあるんだよ。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

確かに、交通規制するにも限度があるからね。

納得。

 

 

実は箱根駅伝には、復路一斉スタート(繰り上げ一斉スタート)というルールと、もう一つ『繰り上げスタート』というルールがあります。

どちらも繰り上げスタートという同じ言葉が使われているので、超初心者だと混合してしまいがちですけれど、それぞれ違うスタートのことなんですよ。

繰り上げスタートについては、以下の記事で詳しくお伝えしていますので是非ご覧くださいね。

 

繰り上げスタートについて、超初心者はこちら
>>>箱根駅伝の繰り上げスタートとは?
箱根駅伝の繰り上げスタートについて超初心者でも分かるように説明!箱根駅伝の繰り上げスタートについて超初心者でも分かるように説明!

 

箱根駅伝の復路一斉スタートまとめ

 

箱根駅伝ビギナーくんとさくきよの会話から、箱根駅伝の『復路一斉スタート(繰り上げ一斉スタート)』のルールについて理解していただけたでしょうか?

最後に、もう一度簡単に箱根駅伝ビギナーくんにまとめてもらいました。

箱根駅伝ビギナーくん

復路一斉スタートについて簡単にまとめると、

復路のスタート時に、1位とのタイム差が10分以内のチームは時差スタートする

1位のチームとのタイム差が10分を超えるチームは、一斉にスタートする

というルールのことです。

 

分かりやすく、簡潔にまとめてくれてありがとう。

よくできました!

さくきよ

 

 

初心者はこちらで箱根駅伝のルールや基礎知識を学んでおくと、より観戦を楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です