【箱根駅伝】東洋大学の歴史や出場回数&成績!有名選手についても

第94回・第95回の箱根駅伝では、2年連続で往路優勝を果たしている東洋大学

箱根駅伝への出場回数も77回ということもあって、箱根駅伝といえば東洋大学を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

過去5年の成績を振り返ってみると、総合順位は3位以上と安定した強さを誇っていることが分かります。

そんな東洋大学ですが、箱根駅伝における長い歴史の中で、どのような成績を残してきたのか気になりませんか?

そこでここでは、箱根駅伝における東洋大学の過去5年間の記録を振り返るとともに、東洋大学陸上競技部の監督や練習環境について、そして東洋大学出身の有名な選手などについてお伝えしていきたいと思います。

 

箱根駅伝での東洋大学の歴史や出場回数&成績は?

 

それではまず、箱根駅伝における東洋大学の歴史や、箱根駅伝の出場回数、そして箱根駅伝での成績についてご紹介していきたいと思います。

●箱根駅伝における東洋大学の歴史

 

東洋大学陸上競技部が創立されたのは、1927年。

箱根駅伝に初出場したのは1933年のことでした。

箱根駅伝にシード権制度が導入された1956年からは、シード校の常連校として名乗りを上げました。

第36回大会(1960年)では過去最高の総合3位に入賞し、以降、安定した強さを見せたものの、優勝にはあと一歩届かず。

1970年代以降も、「ロードの東洋大」や「復路の東洋大」という異名が付けられるほど、シード権争いを繰り広げてきましたが、第62回大会(1986年)では13位と順位を落としてしまい、翌年の第63回大会(1987年)から第67回大会(1991年)までは予選会から出場する厳しい状況が続くこととなります。

そしてついに、第68回大会(1992年)には予選会を通過することができず、箱根駅伝連続出場記録は44回で途切れてしまいました。

東洋大学が強さを取り戻し、再び箱根駅伝に姿を表したのは第79回大会(2003年)。

第83回大会(2007年)からシード権内をキープすると、第85回大会(2009年)には念願の総合優勝に輝きました。

そして、続く第86回大会(2010年)も総合優勝を果たし、2連覇を達成。

さらに、第88回大会(2012年)では、史上5校目となる往路・復路ともに優勝し、完全優勝を成し遂げています。

そのほかの箱根駅伝に関する記録は以下の通りです。

●出場回数:77回

●シード権獲得回数:44回

●総合優勝回数:4回

●往路優勝回数:7回

●復路優勝回数:3回

●区間賞獲得数:41回

●過去5年間の成績

91回(2015年):総合 3位・往路 3位・復路 4位
92回(2016年):総合 2位・往路 2位・復路 2位
93回(2017年):総合 2位・往路 4位・復路 2位
94回(2018年):総合 2位・往路 1位・復路 2位
95回(2019年):総合 3位・往路 1位・復路 5位

参考 東洋大学箱根駅伝 東京箱根間往復大学駅伝競走

 

東洋大学出身&箱根駅伝に出場した有名な選手は?

 

それでは次に、東洋大学出身で箱根駅伝に出場した選手として有名な、服部勇馬さんと設楽悠太さん、そして「新 山の神」「2代目 山の神」としても知られてい柏原竜二さんについて、順番にご紹介したいと思います。

●服部 勇馬(はっとり ゆうま)

1993年11月13日生まれ 新潟県十日町市出身

小学生の頃は、地元のクラブチームでサッカーをしていたという服部勇馬さん。

県や北信越の選抜チームにも選ばれたことがあるそうなのですが、中学校にはサッカー部がなかったことがきっかけで、陸上長距離への変更を決めたということ。

サッカーをしていたこともあって、持久走が得意だったんだそうですよ。

中学3年生のときには1500mで全国7位に入賞。

宮城県の仙台育英高校からスカウトを受け、ご両親の後押しもあって進学を決意。

高校3年生のときに出場した2011年青森インターハイの5000mでは5位に入賞するも、全国高校駅伝では脱水症状になってしまい、結果を残すことができませんでした。

仙台育英高校を卒業後、東洋大学へ入学。

大学1年生のときから駅伝メンバーとして活躍し、箱根駅伝においてもチームの優勝に大きく貢献しました。

第47回全日本大学駅伝(2015年)では、1区を走り、2区は弟の弾馬さんにタスキを渡す姉弟リレーが実現。

なんとこのときは、兄弟揃って区間賞を獲得しているんです。

すごいですよね!

そして、第92回箱根駅伝(2016年)では、エース区間と呼ばれる2区において、2年連続区間賞という偉業を成し遂げました。

東洋大学を卒業後、トヨタ自動車に入社。

2018年に出場した福岡国際マラソンでは、日本人選手としては14年振りとなる優勝を飾り、東京オリンピック2020の選考会であるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を獲得し、MGCでは2位となり東京オリンピック出場内定しました。

 

●箱根駅伝での成績

第89回大会(2012年) 9区 区間3位
第90回大会(2013年) 2区 区間3位
第91回大会(2014年) 2区 区間賞
第92回大会(2015年) 2区 区間賞

●大学卒業後の活躍の記録

第56回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会(2016年) 4区 区間賞
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会(2016年) 4区 区間5位
第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会(2018年) 5区 区間賞
福岡国際マラソン(2018年) 優勝
MGC(マラソングランドチャンピオンシップ) 2位 東京オリンピック出場内定

 

●どんな選手か?魅力なども

小学生のころにサッカーをしていたこともあって、持久走には自身があったという服部勇馬さん。

中学生のころから陸上競技に転向し、高校時代には10000mで当時における歴代2位の記録を打ち出し、また、東洋大学に入ってからも、箱根駅伝ではエース区間と言われる2区で2年連続区間賞を獲得するなど、素晴らしい成績を残してきました。

ですが、服部勇馬さんが高校時代に憧れていた箱根駅伝に出場するという夢が、大学1年目に叶ってしまったことで、何を目的に走れば良いのか、迷った時期もあったそうです。

そんなとき、「マラソンで勝負していきたい」と思うようになり、大学4年生のときに東京マラソン(2016年)に初挑戦。

翌年、2017年の東京マラソンにも出場しましたが、服部勇馬さんの中では十分に練習量を積んできたという自信があったにも関わらず、後半に失速してしまい13位という結果に。

レース後半に失速してしまった理由は、足に疲労がたまりスタミナ切れになってしまうから。

服部勇馬さんは、レース後半にスタミナ切れしてしまうという課題があったのです。

そんな中、右足のかかとと甲を疲労骨折してしまい、約半年の間、全く走れないという日々が続きました。

ですが、この疲労骨折をきっかけに、自分の走りを見直すことができたといいます。

日本陸上競技連盟のマラソン合宿に参加し、他の選手の取り組み方にも刺激を受け、基礎(土台)をしっかり意識した練習を取り組むようになったそうです。

走りの土台作りに取り組んだことで、故障も少なくなったのだそうですよ。

これからも、一つの練習方法にこだわらず、自分の強さになるものがあったら取り入れていきたいという服部勇馬さん。

走ることに対してのひた向きさと真面目さが伺えますね。

参考 服部勇馬Wikipedia

 

●設楽 悠太(したら ゆうた)

1991年12月18日生まれ 埼玉県大里郡寄居町出身

双子の兄・啓太さんの影響で、小学校6年生のときから陸上を始めました。

啓太さんとは中学・高校・大学と、ずっと同じチームで活躍していたのだそうですよ。

中学時代には全国中学校駅伝大会に、そして、高校時代には全国高等学校駅伝競走大会にチームを導く大きな原動力となった設楽悠太さん。

東洋大学に入学後も、1年生のときから箱根駅伝に出場。

4年間3区を任され、3年連続で区間賞を獲得するなど、チームの優勝にも大きく貢献しています。

東洋大学を卒業後は、Hondaに入社。

2017年には自身初のフルマラソンにも挑戦しました。

2018年に行われた東京マラソンでは、日本人トップに入り、日本男子記録を16年振りに5秒も更新。

この結果を持って、東京オリンピック2020の選考会であるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を獲得しました。

そして、2019年のゴールドコーストマラソンでも好調な走りを見せた設楽悠太さんは、2時間7分50秒という大会新記録で優勝を飾っています。

●箱根駅伝での成績

第87回大会(2011年) 3区 区間8位
第88回大会(2012年) 3区 区間賞(区間新記録)
第89回大会(2013年) 3区 区間賞
第90回大会(2014年) 3区 区間賞

●大学卒業後の活躍の記録

・オリンピック
リオデジャネイロオリンピック 10000m 29位

・マラソン
東京マラソン2017 11位
第44回ベルリンマラソン 6位
東京マラソン2018 2位
福岡国際マラソン2018 4位
ゴールドコーストマラソン2019 優勝(大会新記録)

・東日本実業団対抗駅伝競走大会
第55回大会(2014年) 2区 区間4位
第56回大会(2015年) 2区 区間賞
第57回大会(2016年) 6区 区間4位
第59回大会(2018年) 7区 区間賞

・全日本実業団対抗駅伝競走大会
第59回大会(2015年) 4区 区間賞
第60回大会(2016年) 4区 区間賞
第61回大会(2017年) 4区 区間13位
第62回大会(2018年) 4区 区間賞

・天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会
第20回大会(2015年) 3区 区間8位
第22回大会(2017年) 7区 区間賞
第23回大会(2018年) 7区 区間賞

●どんな選手か?魅力なども

双子の兄・啓太さんとは、中学・高校・大学と、ずっと同じチームのエースとして活躍してきましたが、実は、啓太さんの方が常に設楽悠太さんよりも実力が上だったといいます。

そのため、大学進学時には兄の啓太さんだけにスカウトの声がかかったり、「設楽の弱い方」という呼び方をされたこともあったそうです。

ですが、休日には兄弟揃って買い物や食事に出かけるなど、とっても仲が良いふたり。

啓太さんが右ひざの故障や貧血などで満足に走ることができなくなってしまったときも、「啓太の復活を誰よりも信じている。」と話し、また、「陸上をやってこれたのは、兄貴がいたから」と、感謝の気持ちを忘れない、とても兄想いで優しい設楽悠太さん。

残念ながら兄の啓太さんはMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に出場することができないのですが、北海道合宿の際に啓太さんと共に練習をした設楽悠太さんは、「兄が練習のパートナーになってくれたこの合宿が無駄だったと言われないように、MGCでは必ず成果を出したい」と、MGCに向けての意気込みも十分なようです。

参考 設楽悠太Wikipedia

 

【箱根駅伝・二代目山の神】

●柏原 竜二(かしわばら りゅうじ)

1989年7月13日生まれ 福島県いわき市出身

2008年から2011年の4年間、東洋大学陸上競技部のエースとして活躍。

箱根駅伝では最も険しいとされる山登りの5区を4年連続で担当。

しかも、その4年間すべてで区間賞を獲得し、さらに区間記録を3度こうしんしたことなどから、「新 山の神」「2代目 山の神」と呼ばれていました。

東洋大学を卒業後は、富士通にて陸上を続けていましたが、アキレス腱や仙腸関節などの故障もあり、2017年4月3日、27歳で現役を引退。

現在は、富士通に身を置きながら、陸上教室やゲストランナーとして出場したり、アメリカンフットボールチーム「富士通フロンティアーズ」のマネージャーも務めています。

2019年4月16日にはBS11アナウンサーの八木菜緒さんとの結婚を発表しました。

参考 柏原竜二Wikipedia

 

東洋大学の酒井俊幸監督&東洋大学陸上競技部(長距離部門)や魅力について

 

それでは最後に、東洋大学の酒井俊幸監督や、東洋大学陸上競技の魅力について簡単にご紹介したいと思います。

●酒井俊幸(さかい としゆき)監督について

1976年5月23日生まれ 福島県石川郡石川町出身

高校時代には全国高等学校駅伝競走大会に出場した経験を持つ酒井俊幸監督。

酒井俊幸監督自身も東洋大学出身で、箱根駅伝にも3度出場しています。

1999年にコニカミノルタ(旧コニカ)に入社してからも、チームの全日本実業団駅伝3連覇に貢献。

2005年にコニカミノルタを退社した後は、母校である学校法人石川高等学校の教員になり、陸上部の顧問を務めました。

2009年3月から東洋大学の陸上競技部の監督に就任しています。

●東洋大学陸上競技部(長距離部門)や魅力について

東洋大学では、白山キャンパス(東京都)、赤羽台キャンパス(東京都)、朝霞キャンパス(埼玉県)、川越キャンパス(埼玉県)、板倉キャンパス(群馬県)の5つのキャンパスがあり、学部によってキャンパスが異なります。

陸上競技部の寮や練習を行うグランドがあるのは、川越キャンパス(埼玉県)です。

そのため、選手によっては、朝の練習は川越キャンパス(埼玉県)で行い、その後に講義を受けるキャンパスまで通学、講義が終わったら再び川越キャンパスに帰って来なければならないそうです。

例えば、川越キャンパス(埼玉県)から白山キャンパス(東京都)への移動だとしても、電車を乗り継いで片道1時間20分程度かかりますので、ちょっと大変かもしれません。

ですが、川越キャンパス(埼玉県)には陸上競技部のグラウンドのほか、野球場、ラグビー場、フットサルコートも設置されていて、自然豊かな場所なんだそうですよ。

また、グラウンドの外周は芝生になっているため、脚や腰、膝などへの負担が少なく、長い距離を走り込むのに適しているのだとか。

さらに、グラウンドの隣にはクロスカントリーコースもあるということで、広い敷地ならではの練習環境が整っています。

酒井俊幸監督の信条は、「雑然とした合宿で生活したり、トラックに石が落ちていたりする環境で練習をしていても、決して強くならない」ということ。

寮生活も練習も雑に行ってはいけない、ということがチームに浸透しているためか、東洋大学の合宿に参加した他校の選手からは、「掃除や挨拶などが丁寧」「日常生活の中から自分に厳しい取り組みを心がけていて、その高い意識が競技の中にも表れている」という声もありました。

当たり前のことを当たり前にできるということが、本質的な強さに繋がっているのかもしれませんね。

●東洋大学を応援するのに参考になるサイトも紹介!

・箱根駅伝「優勝」をめざす東洋大学陸上競技部(長距離部門)公認応援ホームページ
参考 トップページ輝け鉄紺!

・東洋大学陸上競技部(長距離部門) Instagram
参考 東洋大学陸上競技部(長距離部門)Instagram

 

【箱根駅伝】東洋大学まとめ

 

東洋大学陸上競技部の箱根駅伝での歴史や記録、そして監督や寮生活などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

東洋大学のOBである服部勇馬さんと設楽悠太さんも、社会人になってもなおマラソンで活躍しているということで、目が離せないといった感じですよね。

箱根駅伝では、往路優勝はあっても、総合順位ではあと一歩という状況が続いている東洋大学。

第96回大会(2020年)では、6年振りの総合優勝となるのでしょうか。

注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です