箱根駅伝の花の二区とは?超初心者にも分かりやすく説明!

 

箱根駅伝を観ていると『花の二区』という言葉がよく出てきます。

箱根駅伝では2区区間を花の二区と呼ぶのですけれど、なぜ花の二区と言うのでしょうか?

その理由について超初心者にも分かりやすく説明したいと思います。

箱根駅伝の花の二区とは?超初心者にも分かりやすく説明!

 

箱根駅伝のルールや専門用語について、箱根駅伝ビギナーくんとさくきよの会話を通して説明するシリーズ。

今回は、箱根駅伝の『花の二区』に関して超初心者にも分かりやすくお伝えしていきますね。

 

箱根駅伝ビギナーくん

さくきよさん、花の二区ってなに?

 

花の二区というのは、箱根駅伝の2区区間のことだよ。

なぜ2区のことを花の二区と呼ぶのかに答える前に、ちょっとだけ箱根駅伝のおさらいをしておこうか。

箱根駅伝って10区間で構成されているんだけど、それぞれの区間に特徴があるんだよね。

2区はどんな特徴があると思う?

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

う~ん、あまり考えて観てなかったかも?

 

2区の大きな特徴としては、1区を走ってきた選手の流れを引き継ぐ重要な区間というのと、最初の難関となる「権田坂」があったり走りずらい地形なんだよね。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

2区ってそういう特徴があるんだ。

 

駅伝というのは、どれだけ他の大学よりも先に出るか、どれだけ多くの差を広げるかで勝負が大きく変わるのね。

そういう駅伝において2区はその後のレースの流れを決めるとても重要な区間なの。

それに加えて、最初の難所である「権田坂」があるのと、最後の3キロのアップダウンがきついので、各大学も実力のあるエース級の選手を配置することが多いんだよ。

各大学のエース級の選手が集まったらレースも華やかで見応えあるよね。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

確かにエース級の選手が競っていたら見応えありますね。

 

なので2区のことを「エース区間」とも呼ぶんだよ。

2区には実力のあるエース級の選手が集まり、さらにそのエースである選手をすぐそばで見たいと思う観客が沿道に集まり、その場が華やかになるという意味があって「花の二区」と呼ばれているんだよ。

さくきよ

 

箱根駅伝ビギナーくん

なるほど、それで2区を花の二区と呼ぶんだね。

 

 

箱根駅伝の花の二区まとめ

 

箱根駅伝ビギナーくんとさくきよの会話から、箱根駅伝の花の二区について理解していただけたでしょうか?

最後に、もう一度簡単に箱根駅伝ビギナーくんにまとめてもらいました。

 

箱根駅伝ビギナーくん

箱根駅伝の花の二区を簡単にまとめると、

2区がレースの流れを決める重要な区間でエース級の選手が多く集まり、それを観るために観客もたくさん集まって華やかになるのでそう呼ばれているんだね。

 

分かりやすく、簡潔にまとめてくれてありがとう。

よくできました!

さくきよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です