【箱根駅伝】駒澤大学の歴史や出場回数&成績!有名選手についても

箱根駅伝の第78回大会(2002年)から第81回大会(2005年)まで、史上5校目となる4連覇という偉業を達成した駒澤大学。

往路でも6度優勝を飾っていることから、箱根駅伝の常連校といえば駒澤大学の名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ですが、駒澤大学が箱根駅伝で上位に名を連ねるようになったのは、2000年以降。

それまで駒澤大学はどのような歴史を歩んできたのでしょうか?

そこでここでは、箱根駅伝における駒澤大学の過去5年間の記録を振り返るとともに、駒澤大学陸上競技部の監督や寮について、そして駒澤大学出身の有名な選手などについてお伝えしていきたいと思います。

 

箱根駅伝での駒澤大学の歴史や出場回数&成績は?

 

それではまず、箱根駅伝における駒澤大学の歴史や、箱根駅伝の出場回数、そして箱根駅伝での成績についてご紹介していきたいと思います。

●箱根駅伝における駒澤大学の歴史

駒澤大学陸上競技部の創部は1966年。

箱根駅伝に初出場したのは第43回大会(1967年)のことでした。

長らく箱根駅伝の本戦に出場することができず、予選会の常連校となっていましたが、1990年代後半からシード権内に入るまでに急成長を遂げました。

駒澤大学陸上競技部が強くなった理由は、大八木弘明監督が就任したことが大きいと言われています。

第76回大会(2000年)に初優勝を飾ると、第78回大会(2002年)から第81回大会(2005年)まで、史上5校目となる4連覇を達成。

そのほかの箱根駅伝に関する記録は以下の通りです。

●出場回数:53回

●シード権獲得回数:34回

●総合優勝回数:6回

●往路優勝回数:3回

●復路優勝回数:9回

●区間賞獲得数:39回

●過去5年間の成績

91回(2015年):総合 2位・往路 4位・復路 2位
92回(2016年):総合 3位・往路 3位・復路 3位
93回(2017年):総合 9位・往路 5位・復路 11位
94回(2018年):総合 12位・往路 13位・復路 10位
95回(2019年):総合 4位・往路 4位・復路 4位

参考 駒澤大学箱根駅伝 東京箱根間往復大学駅伝競走

 

駒澤大学出身&箱根駅伝に出場した有名な選手は?

 

それでは次に、駒澤大学出身で箱根駅伝に出場した選手として有名な、中村匠吾さんについてご紹介したいと思います。

●中村 匠吾(なかむら しょうご)

1992年9月16日生まれ 三重県四日市市出身

小学校5年生の三学期から6年生まで、四日市市内部陸上少年団に所属していた中村匠吾さん。

小学生の駅伝大会では区間賞を獲得するなど、幼いころから走りは秀でていたようです。

中学生になると、陸上部の監督だった後藤二三夫さんの指導の元、より走りが強化され、中学3年生のときには県大会の3000mで優勝もしています。

とにかく、監督から練習をやめるように言わないと、ひたすら練習をする子だったそうですよ。

高校時代には、3年生のときに5000mで当時高校生としては歴代7位となる13分50秒38を記録。

駒澤大学に入学した当初は、エースの影に隠れる存在となっていましたが、3年生のときに出場した関東インカレ(2013年)の2部10000mで優勝、日本選手権では10000mで5位入賞、ユニバーシアードのハーフマラソンでは銅メダルを獲得するなど、徐々に頭角を現すようになります。

そして、4年生のときにはチームの主将を務め、箱根駅伝の1区を走り、区間賞を獲得しました。

駒澤大学を卒業後は、富士通に入社。

社会人1年目に出場した、第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会(2015年)の5000mでは日本人最高位となる6位に入賞。

また、翌年2016年の第44回全日本実業団ハーフマラソンでも日本人トップとなる6位入賞、2018年には初マラソンとなる第73回びわ湖毎日マラソンに出場し、日本人トップの総合7位に入賞するなど、社会人になってからも素晴らしい成績を残しています。

そして、2019年9月15日に行われたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)では、見事トップ争いを制し優勝。

この結果をもって、2020年東京オリンピック男子マラソン日本代表の切符を手にしました。

●箱根駅伝での成績

第89回大会(2012年) 3区 区間3位
第90回大会(2013年) 1区 区間2位
第91回大会(2014年) 1区 区間賞

●大学卒業後の活躍の記録

・主な戦績

2015年
第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 5000m 6位(日本人1位)

2016年
第44回全日本実業団ハーフマラソン 6位(日本人1位)
第64回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 5000m 5位(日本人1位)

2017年
第101回日本陸上競技選手権大会 5000m 3位
ボストンハーフマラソン 4位

2018年
第59回東日本実業団対抗駅伝競走大会 4区 区間2位

・マラソン

2018年第73回びわ湖毎日マラソン 7位(日本男子1位)
2018年ベルリンマラソン 4位(日本男子1位)
2019年マラソングランドチャンピオンシップ 1位

●どんな選手か?魅力なども

小学生の頃から地元の陸上少年団に通っていた中村匠吾さんですが、当時の様子を知る水谷渉コーチによると、「めちゃくちゃ優しい子だったが、負けず嫌いを内に秘めていた」のだそうです。

また、厳しい言葉で選手を鼓舞することでも有名な駒澤大学の大八木弘明監督も「文句を言わず、我慢強い」と評価するほど。

口数は多い方ではないようですが、真面目で練習熱心で努力家なんですね。

そして、中村匠吾さんの強みと言えば、高所での対応力。

多くの選手は高地トレーニングをする際、酸素の濃度の薄い空気に慣れるのに数日かかるのに対して、中村匠吾さんは高地に入っても翌日からトレーニングをすることが可能な体質なんだそうですよ。

マラソングランドチャンピオンシップで優勝できたことも、2018年のベルリンマラソンに出場する際に、夏場の高地トレーニングを行ったこと、そしてベルリンマラソンに出場した経験が生かされているとも言われています。

さらに、マラソン強化戦略プロジェクトリーダーで元マラソン選手の瀬古俊彦さんも、中村匠吾さんの走りを高評価。

かつてはラスト100mを11秒台で走っていた瀬古利彦さんでさえ、マラソンのラストの2.195㎞は6分22秒だったそうなんですが、中村匠吾さんのタイムは6分18秒。

このラストの速さは、東京オリンピックでも通用するのではないかと、瀬古利彦さんも期待を寄せているようです。

参考 中村匠吾Wikipedia

 

駒澤大学の大八木弘明監督&陸上競技部について紹介!

 

それでは最後に、駒澤大学の大八木弘明監督や、駒澤大学陸上競技のについて簡単にご紹介したいと思います。

●大八木弘明(おおやぎ ひろあき)監督について

1958年7月30日生まれ 福島県合図若松氏河東町出身

陸上競技に力を入れるようになったのは、中学2年生のとき。

校内のマラソン大会で優勝したことがきっかけだったそうです。

中学3年生のときには、ジュニア選手権3000mで全国5位という素晴らしい成績を残し、高校のインターハイに出場することを目指していましたが、走りすぎによる疲労骨折と貧血に苦しめられ、辛い3年間を過ごすことになってしまいました。

さらに、家庭の事情もあって大学進学を諦め、小森印刷(現・小森コーポレーション)に就職。

ですが、箱根駅伝で走る夢を諦めきれず会社を退職、勉強とトレーニングを惜しまず続けた甲斐もあって24歳で駒澤大学の夜間部に入学することができました。

箱根駅伝には3回出場し、うち2回は区間賞も獲得しています。

駒澤大学を卒業後は、ヤクルトに入社。

陸上競技部のコーチ兼選手としてチームに貢献しました。

1995年4月に駒澤大学陸上競技部のコーチに就任、2004年4月から同監督に就任し、現在に至ります。

●駒澤大学陸上競技部について紹介!

駒澤大学は、駒澤キャンパス、深沢キャンパス、玉川キャンパスの3つのキャンパスがあり、陸上競技部が練習を行う陸上競技場は玉川キャンパスにあります。

駒澤大学陸上競技部の寮の名前は「道環寮」。

この「道環寮」は、2017年に新しく生まれ変わりました。

建物は3階建てになっていて、寮室が23部屋(44名分)、トレーニングルーム、ミーティングルーム、浴室、マッサージ室、監督室などが完備されています。

寮の食事は大八木弘明監督監督の奥様である京子さんが担当。

京子さんは食事面だけではなく、選手のメンタル面でも支えてくれる大きな存在なんだそうです。

大八木弘明監督監督が実践しているのは、選手ひとりひとりの性格や体質に合ったトレーニングと、箱根駅伝を見据えて、コースに合わせた選手を育てるということ。

たとえば、往路の1区は朝8時くらいのスタートなので気温はあまり高くはありませんが、3区、4区になってくると徐々に気温が上がってきます。

そうなることを想定して、3区や4区には暑さに強い選手を、そして上りの区間では上りに強い選手を、といった具合に、選手の精神的な強さなども考慮しながらトレーニングをしているのだそうです。

また、次の日の練習や試合に響かないように門限を設けるなど、大八木弘明監督自らが規則を作り、生活指導を行っています。

生活をきちんとやることが、選手の走りにも影響してくる、ということのようです。

何をするにも、メリハリというのは大事ですものね。

少し厳しく管理されているくらいが、ちょうどいいのかもしれませんね。

そして、入学したばかりの1年生や2年生には、まず体作りから行い、3年生になったら自ら考える能力や、自主性・自覚を持って練習や生活に取り組めるよう指導をしているのだとか。

実業団に入ると、すべて自分でやらなければ通用しないということを知っているからこそ、大学在学中に自らの力でやる能力を身に付けられるように、という大八木弘明監督の優しさでもあるようです。

参考 トップ指導者&選手特集 第6回 駒澤大学 陸上競技部 長距離 大八木 弘明監督スポーツDVD販売のティアンドエイチ

●駒澤大学を応援するのに参考になるサイトも紹介!

・駒澤大学陸上競技部公式HP
参考 トップページ駒澤大学陸上競技部公式HP

・駒澤大学スポーツ新聞編集部 コマスポ
参考 トップページ駒澤大学スポーツ新聞編集部 コマスポ

・駒澤大学陸上競技部 Instagram
参考 kamadaysInstagram

・駒大スポーツ陸上班 Twitter
参考 駒大スポーツ陸上班Twitter

 

【箱根駅伝】駒澤大学まとめ

 

駒澤大学陸上競技部の箱根駅伝での歴史や記録、そして監督や寮生活などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

シード権内でも比較的上位の成績を残している印象があったのですが、第84回大会(2008年)以降、総合優勝からは遠ざかっている駒澤大学。

第95回大会(2019年)も総合4位ということで、あと一歩という位置にいます。

ですが、陸上競技はそのあと一歩、あと1秒が遠く感じるものなんですよね。

第96回大会(2020年)では、ひとつでも先の順位を、そして、総合優勝を手にすることができるのでしょうか。

注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です