【箱根駅伝】創価大学の歴史や出場回数&成績!注目選手についても

第96回大会(2020年)箱根駅伝において、チーム初となるシード権を獲得した創価大学。

10区では嶋津雄大選手が目の難病を乗り越え、途中、足がつるというアクシデントがありながらも懸命に走り抜き、さらに区間新記録を出したことでも注目され、各メディアでも大きく取り上げられていました。

そんな創価大学ですが、大学の名前は耳にしたことがあっても箱根駅伝ではあまり目立った記録や記憶がないな、という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、創価大学がこれまで箱根駅伝に出場した回数はたったの3回なんです。

もう少し出場していたような印象がありましたが、思っていたより少ないんですね。

そこでここでは、創価大学陸上競技部駅伝部について、箱根駅伝での歴史や注目選手、駅伝部の様子などについてお伝えしていきたいと思います。

 

箱根駅伝での創価大学の歴史や出場回数&成績は?

 

それではまず、箱根駅伝における創価大学の歴史や、箱根駅伝の出場回数、そして箱根駅伝での成績についてご紹介していきたいと思います。

箱根駅伝における創価大学の歴史

創価大学陸上競技部駅伝部の創部は1972年

長らく箱根駅伝では予選会の常連校に甘んじていましたが、第91回箱根駅伝の予選会で10位になり、初めて本戦への出場を手にしました。

初出場となった第91回(2015年)箱根駅伝では、総合20位という結果に。

続いて2度目の出場となった第93回(2017年)箱根駅伝では総合12位という成績に留まり、シード権にあと一歩及びませんでした。

そして、3度目の出場となった第96回(2020年)箱根駅伝では総合9位となり、ついに念願のシード権を獲得。

箱根駅伝本戦での経験はまだまだ浅い創価大学ですが、今後の飛躍がとても楽しみなチームです。

そのほかの細かい記録は、以下をご覧くださいね。

●出場回数: 3回

●シード権獲得回数: 1回 

●総合優勝回数: 0回

●往路優勝回数: 0回

●復路優勝回数: 0回

●区間賞獲得数: 2回

過去5年間の成績

92回(2016年):出場なし
93回(2017年):総合 12位・往路 9位・復路 13位
94回(2018年):出場なし
95回(2019年):出場なし
96回(2020年):総合 9位・往路 7位・復路 9位

参考 創価大学箱根駅伝 東京箱根間往復大学駅伝競走

 

創価大学出身の注目選手や現在在学中の注目選手も!

 

それでは次に、創価大学出身の注目選手、そして現在創価大学に在学中の注目選手についてご紹介したいと思います。

【創価大学出身の注目選手】

●米満 怜(よねみつ・れん)

●経歴やどんな選手か?魅力なども

1998年2月27日生まれ 福岡県宇美町出身

大牟田高校卒業

米満怜選手は宇美中学校に在籍していたということなのですが、残念ながら中学時代の成績については詳しいことが分かりませんでした。

ですが、全国高校駅伝で5度の優勝と9度の準優勝の実績を持ち、29年連続出場の強豪校と言われている大牟田高校に進学しているので、中学時代から陸上の素質はあったのではないかと思われます。

全国高校駅伝には、第65回大会(2014年)、第66回大会(2015年)と2年連続で出場していることからも、チームの中心選手だったことが伺えますね。

創価大学へ入学後は、1年目から箱根駅伝の本戦へ出場。

1区を任され区間3位の成績を残し、チームを総合12位へ押し上げました。

その後も活躍が期待されていたのですが、たびたび怪我に悩まされ、2年生のときは力を発揮することができず、箱根駅伝の予選会にも出場することができませんでした。

3年生のときには副将を任されたものの、チームが強くなるためにチームメイトにも厳しくし接しなければという気負いが裏目に出てしまい、チームメイトが米満怜選手に付いていけなくなり、チーム全体を壊してしまったこともあるそうです。

同年、箱根駅伝の予選会には出場しましたが、チーム成績が15位だったために、本戦への出場は叶わなかったんですね。

そして4年目、新しく就任した榎木和貴監督とも気が合ったことも大きな転機となり、チーム全体に活気が戻り調子も上向きに。

同年の予選会でもチームトップの成績を収め、創価大学は総合5位入賞、3年振りに箱根駅伝の舞台に戻ってくることができました。

米満怜選手にとって2度目となる箱根駅伝は、1区で区間賞を獲得、チーム初のシード権獲得に大きく貢献しました。

創価大学を卒業後は、コニカミノルタ株式会社へ入社。

社会人ランナーとしての活躍も非常に楽しみですね。

●箱根駅伝での成績
第93回大会(2017年) 8区 3位
第96回大会(2020年) 1区 区間賞

●自己ベスト
5000m 13分55秒86
10000m 28分30秒59
ハーフマラソン 1時間03分19秒

【創価大学現在在学中の注目選手】

 

●葛西 潤(かさい・じゅん)

●経歴やどんな選手か?魅力なども

2000年10月24日生まれ 愛知県名古屋市出身

関西創価高校卒業

中学校時代(名古屋市東港中学校)は第9回愛知県市町村対抗駅伝競走大会の名古屋市チーム選手団にも選ばれるなど、中学生のときからその実力を発揮していたようです。

また、葛西潤選手は愛知県の名古屋市出身なのですが、高校は大阪の創価高校に通っていたこともあって、今ではバリバリの関西弁なんだそうですよ。

高校時代の成績はというと、高校3年生のときに天皇杯第24回全国男子駅伝の代表選手に選ばれ、5区を走り区間2位という好成績を残しています。

さらに、福岡市で行われたU20日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走でも優勝し、世界クロスカントリー選手権大会(デンマーク)にも日本代表に選出されるなど、駅伝だけではなく、レース経験が豊富なことが分かります。

そして、第69回大会(2018年)の全国高校駅伝では、1区を走り7位。

途中、右わき腹に痛みがあったことで、葛西潤選手にとっては不本意な成績となってしまったようです。

関西創価高校を卒業後は、創価大学へ進学。

1年生にして箱根駅伝では6区を任されているところを見ると、チームにとっても期待が大きい選手であることが伺えますよね。

2年目以降のシーズンでは、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

ぜひ、注目してみてくださいね。

●箱根駅伝での成績
第96回大会(2020年) 6区 区間16位

●自己ベスト
5000m 14分06秒33
10000m 29分32秒68
ハーフマラソン 1時間05分03秒

 

創価大学の榎木和貴監督&駅伝部ついて紹介!

 

それでは最後に、創価大学の榎木和貴監督や、創価大学陸上競技部駅伝部についてご紹介したいと思います。

● 榎木 和貴(えのき かずたか)監督について

1974年6月7日生まれ 宮崎県出身

宮崎県立小林高等学校を卒業後、中央大学法学部へ進学。

箱根駅伝では4年連続で出場し、なんとすべての大会において区間賞も獲得しているんです。

大学3年生のときには、チーム14回目となる総合優勝にも貢献しました。

中央大学を卒業後は旭化成株式会社へ入社。

社会人ランナーとなってからも、第49回別府大分毎日マラソンで優勝する活躍ぶり!

2004年にOKI陸上競技部のコーチに就任、その後、トヨタ紡織陸上競技部のコーチと監督を経て、2019年2月に創価大学陸上競技部駅伝部監督に就任、現在に至ります。

つまり、監督就任1年目で創価大学に初のシード権をもたらした、ということなんですね。

今後のチーム力底上げに、期待がかかります。

創価大学陸上競技部 駅伝部について紹介!

創価大学のキャンパスの面積は約870,000㎡もあり、大きな敷地内に学部や学生寮など様々な施設が立ち並んでいます。

まるで、一つの街のようですね。

その中で、陸上競技部駅伝部の選手たちが暮らしているのは、「太陽の丘クラブハウス」です。

太陽の丘クラブハウスには、2人1部屋の寮生部屋、ストレッチが行えるラウンジ、食堂、トレーニング室など、選手たちには必要不可欠な施設が充実しています。

また、専用グランドでは、1周500mのクロスカントリーコースもあり、駅伝部のほか、短距離チームの練習拠点となっています。

榎木和貴監督と選手たちの関係は?というと、榎木和貴監督は選手との対話を大切にしていて、3ヶ月に1回程度、選手全員と個別面談をしているのだそうです。

個人面談をしていくなかで、各選手の目標設定や現状の状態の把握、そして、これからの方向性について話し合っているのだとか。

そうした何気ない会話から信頼関係も生まれ、チームワークの強化にも繋がるのかもしれませんね。

創価大学を応援するのに参考になるサイトも紹介!

・創価大学陸上競技部駅伝部HP
参考 創価大学陸上競技部駅伝部創価大学HP

・Twitter 創価大学陸上競技部 駅伝部
参考 創価大学陸上競技部 駅伝部

 

【箱根駅伝】創価大学まとめ

 

創価大学陸上競技部駅伝部について、箱根駅伝での歴史や記録、そして監督や練習環境などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

箱根駅伝の予選会には出場していたものの、本戦への道のりは決して楽ではなかった創価大学。

本戦への出場3回目にして初のシード権を手にしたというのは、チームとしても大きな自信になったことでしょう。

これからは、シード権獲得の常連校として名を連ねることができるのでしょうか?

次の大会も楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です