当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

全日本大学駅伝2023予選会(地区選考会)の日程と結果!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

スポンサーリンク

 

今年もいよいよ2023年11月5日(日)に開催される第55回全日本大学駅伝に向けて、各地区で選考会が行われるシーズンがやってきました。

というのも、全日本大学駅伝は前回大会の上位8位までのチームには、選考会に参加することなく本大会に出場できるシード権が与えられているのですが、シード校以外の大学は各地区で行われる選考会に参加して、全日本大学駅伝への出場切符を手にしなければならないんですよね。

そこでここでは、第55回全日本大学駅伝の地区選考会について、各地区の選考日程や選考方法など詳しくご紹介していきたいと思います。

 

すでに選考会の結果が出ている地区については、出場チームも合わせてご紹介していきますので、全日本大学駅伝の観戦を楽しみにされている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、関東地区は出場枠が多いため、1つ目の見出しでまとめて記載し、その他の地区については2つ目の見出しで記載していますので、気になる地区からチェックしたい!という方は、お好きな見出しからご覧になっていただければと思います。

 

注意

各地区選考会は開催される日程が違うため、公式サイトからの発表も日程に合わせて変わります。

また、各開催地区の予定が変更になる場合もありますので、各地区の学生陸上競技公式サイトでの新しい情報を確認次第変更追記していきますこと、ご了承お願いいたします。

 

関東選考会について知りたい人はこちら
>>>全日本大学駅伝関東予選2023の出場資格や選考方法とは?
[kanrenc id=”9250″]

 

 

スポンサーリンク



全日本大学駅伝2023の予選はいつ?地区選考会のスケジュール

 

全日本大学駅伝の予選会(地区選考会)は、日本全国の8地区で開催されます。

2023年の各地区の地区選考会スケジュールは、以下の日程で開催予定。

 

開催地区開催日開催場所
北海道地区8月19日(土)真駒内公園内周回コース(札幌市)
東北地区9月24日(日)名取市サイクルスポーツセンター(宮城)
関東地区6月17日(土)相模原ギオンスタジアム(神奈川)
北信越地区7月15日(土)長野市営陸上競技場
東海地区6月24日(土)マルヤス岡崎龍北スタジアム(愛知)
関西地区6月11日(日)ヤンマーフィールド長居(大阪)
中国四国地区9月23日(土・祝)キリンレモンスタジアム陸上競技場(山口県防府市)
九州地区5月28日(日)福岡大学陸上競技場(福岡市)

 

続く見出しの中でそれぞれの地区の詳細をお伝えしていますので、気になる地区の情報をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

全日本大学駅伝2023の地区選考会の結果 第55回出場校一覧

 

各地区で行われている全日本大学駅伝の選考会(予選会)。

全日本大学駅伝2023は、11月5日(日)の開催予定となっており、まだ第55回全日本大学駅伝に出場する出場校は未定です。

 

以下の表に地区選考会で出場が決まった大学が分かり次第埋めていきますので、その旨ご了承ください。

 

第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 出場校一覧
地 区大 学 名出 場 回 数
北海道札幌学院大学6大会連続30回目
東北東北学院大学13大会ぶり17回目
関東城西大学3大会ぶり10回目
大東文化大学2大会連続44回目
東海大学10大会連続36回目
東京国際大学5大会連続5回目
東京農業大学14大会ぶり20回目
帝京大学2大会ぶり15回目
国士舘大学7大会ぶり12回目
北信越新潟大学2大会連続14回目
東海名古屋大学11大会ぶり16回目
関西大阪経済大学3大会連続25回目
立命館大学23大会連続35回目
関西大学7大会ぶり13回目
関西学院大学5大会連続13回目
中国四国環太平洋大学3大会連続4回目
九州鹿児島大学39大会ぶり9回目

 


参考
地区選考会全日本大学駅伝公式HP

 

 

全日本大学駅伝予選会2023関東地区の日程や選考方法と結果!

 

関東地区(出場枠数:7枠)

 

第55回全日本大学駅伝の関東選考会の要項が発表されました。

 

●選考会大会名:秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 関東学生陸上競技連盟推薦校選考会

●開催日程:2023年6月17日(土)17:30競技開始

●開催場所:相模原ギオンスタジアム(神奈川県相模原市)

●選考方法:1校2名ずつ、4組で10,000mのレースを行い、8名の合計タイムの上位7校を推薦対象校とする。

●2022の本戦出場校:神奈川大学・東洋大学・創価大学・東海大学・大東文化大学・中央学院大学・日本大学

●2023の出場校:東海大学、中央学院大学、明治大学、神奈川大学、東京国際大学、大東文化大学、城西大学、帝京大学、立教大学、日本体育大学、法政大学、日本大学、山梨学院大学、東京農業大学、駿河台大学、麗澤大学、国士舘大学、専修大学、芝浦工業大学、亜細亜大学

●2023の本戦出場校:城西大学、大東文化大学、東海大学、東京国際大学、東京農業大学、帝京大学、国士舘大学

 

第55回全日本大学駅伝 関東地区選考会 結果
順位大学名合計タイム
1位城西大3時間57分35秒40
2位大東文化大3時間57分50秒77
3位東海大3時間57分58秒89
4位東京国際大3時間59分02秒86
5位東京農業大3時間59分20秒68
6位帝京大3時間59分34秒06
7位国士舘大3時間59分45秒19
8位立教大3時間59分59秒49
9位神奈川大4時間00分07秒27
10位明治大4時間00分20秒02
11位麗澤大4時間01分53秒78
12位日本大4時間02分45秒74
13位法政大4時間02分46秒17
14位専修大4時間03分13秒98
15位日本体育大4時間03分23秒77
16位山梨学院大4時間04分13秒48
17位亜細亜大4時間04分30秒50
18位駿河台大4時間05分02秒70
中央学院大記録なし
芝浦工業大記録なし

 

参考記事のタイトルとURLを入力してください

 

上位7位までの大学、城西大学、大東文化大学、東海大学、東京国際大学、東京農業大学、帝京大学、国士舘大学が本大会への切符を手にしました!

 

おめでとうございます!

 

>>>関東予選に関して詳しくは以下参照


参考
秩父宮賜杯第 55回全日本大学駅伝対校選手権大会 関東学生陸上競技連盟推薦校選考会 要項関東学生陸上競技連盟公式HP

参考記事のタイトルとURLを入力してください

※ スケジュールは変更になる場合があります。

 

関東選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝関東予選2023の出場資格や選考方法とは?
[kanrenc id=”9250″]

 

そのほかの関東地区以外の選考会については、次の見出しで詳しくご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

全日本大学駅伝予選会(地区選考会)2023の日程や選考方法と結果!

 

それでは次に、全日本大学駅伝2023の関東地区以外の地区選考会日程や選考方法、そして結果について見ていきたいと思います。

 

北海道地区(出場枠数:1枠)

 

●選考会大会名:北海道知事杯 第33回北海道大学駅伝対校選手権大会 兼 秩父宮賜杯 第53回全日本大学駅伝対校選手権大会 北海道地区選考会

●開催日程:2023年8月19日(土)

●開催場所:真駒内公園内周回コース(札幌市)

●選考方法:1チーム8~11人がエントリーし、8人が出場。周回コースで8区間89.9kmを競い、優勝校のみ選出

●選考会出場校:札幌学院大学、星槎道都大学、北海道大学、北海道教育大学、旭川医科大学

●2022の本戦出場校:札幌学院大学

●2023の本戦出場校:札幌学院大学

 


参考
競技会情報北海道学生陸上競技連盟公式HP

 

第55回全日本大学駅伝 九州地区選考会 結果
順位大学名合計タイム
1位札幌学院大4時間49分10秒
2位星槎道都大4時間56分48秒
3位北海道大5時間06分27秒
4位北海道教育大5時間25分15秒
旭川医大途中棄権

 

選考会の結果は、札幌学院大学が優勝して本戦への出場権を獲得しました!!

おめでとうございます。

 

北海道地区選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝2023北海道予選(選考会)の日程やライブ配信は?
[kanrenc id=”10011″]

 

 

東北地区(出場枠数:1枠)

 

●選考会大会名:秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 東北地区代表選考会

●開催日程:2023年9月24日(日)

●開催場所:名取市サイクルスポーツセンター(宮城)

●選考方法:各校10km4人、16km4人の合計タイム上位1校を代表校とする。合計タイムが同じ場合は、16kmの各校の最上位者の順位が上の大学を代表校とする

●選考会出場校:秋田県立大学、東北大学、東北学院大学、山形大学

●2022の本戦出場校:東北大学

●2023の本戦出場校:情報が入り次第追記します。

 


参考
2023年度大会情報東北学生陸上競技連盟公式HP

 

第55回全日本大学駅伝 東北地区選考会 結果
順位大学名合計タイム
1位東北学院大5時間40分16秒
2位東北大5時間41分34秒
3位山形大5時間45分02秒
4位秋田県立大6時間33分49秒

 

東北地区選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝2023東北予選会(選考会)の日程やライブ配信情報!
[kanrenc id=”10013″]

 

 

北信越地区(出場枠数:1枠)

 

 

●選考会大会名:秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 北信越地区選考会

●開催日程:2023年7月15 日(土)

●開催場所:長野市営陸上競技場

●選考方法:1チーム8~10人のエントリーを行い、全員の出場を認める。各校上位8人の10,000mの合計タイム上位1校を代表校とする

●選考会出場校:富山大学、信州大学、金沢工業大学、新潟大学、金沢大学、金沢学院大学、新潟医療福祉大学

●2022の本戦出場校:新潟大学

●2023の本戦出場校:新潟大学

 

第55回全日本大学駅伝北信越選考会の結果
順位大学名総合タイム
1位新潟大学4時間16分28秒30
2位信州大学4時間18分45秒68
3位新潟医療福祉大学4時間31分34秒39
4位富山大学4時間36分19秒05
5位金沢大学4時間36分57秒98
6位金沢学院大学4時間38分00秒32
金沢工業大学記録無し(完走者が8人未満)

 


参考
秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 北信越地区選考会 要項北信越学生陸上競技連盟公式HP

 

選考会の結果は、新潟大学が優勝して本戦への出場権を獲得しました!!

おめでとうございます。

 

 

北信越地区選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝2023北信越予選はいつ?テレビやライブ配信は?
[kanrenc id=”9341″]

 

 

東海地区(出場枠数:1枠)

 

第55回全日本大学駅伝の東海地区選考会の大会要項(案)が発表されました。

 

●選考会大会名:秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 東海地区選考会

●開催日程:2023年6月24日(土) 競技開始16:30~

●開催場所:マルヤス岡崎龍北スタジアム(愛知)

●選考方法:1チーム8名以上11名以下のチームエントリーを行い、当日は8名の出場とする。
8名の合計タイムの上位1チームを東海地区代表として推薦する。

●選考会出場校:皇學館、愛知工業、名古屋、岐阜協立、中京、三重、静岡、中部、至学館、愛知、愛知教育、東海学園、南山、名城、岐阜、名古屋工業、日本福祉

●2022の本戦出場校:皇學館大学、愛知工業大学

●2023の本戦出場校:名古屋大学

 

詳しい順位と合計タイムは以下参照。

 

第55回全日本大学駅伝 東海地区選考会 結果
順位大学名合計タイム
1位名古屋大学4時間12分52秒62
2位皇學館大学4時間14分21秒16
3位愛知工業大学4時間17分48秒27
4位岐阜協立大学4時間18分03秒33
5位中京大学4時間21分28秒40
6位三重大学4時間30分09秒86
7位岐阜大学4時間30分43秒93
8位中部大学4時間37分46秒95
9位静岡大学4時間39分13秒99
10位南山大学4時間40分31秒73
11位愛知大学4時間40秒55秒03
12位日本福祉大学4時間46秒30秒74
至学館大学選考外
愛知教育大学選考外
名城大学選考外
名古屋工業大学選考外
東海学園大学欠場

 


参考
総合結果東海学生陸上競技連盟公式HP

 

第55回日本大学駅伝への出場切符を手にしたのは、名古屋大学になります!

どんな戦いをしてくれるのか?楽しみですね。

 

>>>詳しい内容は、以下参照


参考
秩父宮賜杯 第 55 回全日本大学駅伝対校選手権大会 東海地区選考会大会 要 項 東海学生陸上競技連盟公式HP

※ スケジュールは変更になる場合があります。

 

東海地区選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝2023東海予選の日程や出場校は?有観客開催?
[kanrenc id=”9278″]

 

 

関西地区(出場枠数:4枠)

 

第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 関西学連出場大学(出場枠4)選考会 要項(案)が発表されました。

 

●選考会大会名:秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 関西学連出場大学選考会

●開催日程:2023年6月11日(日) 競技開始18:00~

●開催場所:ヤンマーフィールド長居(大阪)

●選考方法:

①選考会出場大学選出

出場意思確認(関西学生駅伝入賞校)+対象期間内における公認記録審査(関西学生駅伝入賞校以外)

②本選選出

各大学出場10名中、上位8名の10,000m競走合計記録(1/100)により上位4校を選出(昇順)

 

●選考会出場校:西学院、立命館、京都産業、関西、大阪経済、びわこ学院、同志社、京都、龍谷、神戸、大阪、佛教

●2023の本戦出場校:大阪経済大学、立命館大学、関西大学、関西学院大学

 

関西地区選考会の結果は以下になります。

 

第55回全日本大学駅伝 関西地区選考会 結果
順位大学名合計タイム
1位大阪経済大学4時間04分22秒65
2位立命館大学4時間05分00秒21
3位関西大学4時間05分41秒63
4位関西学院大学4時間06分29秒52
5位京都産業大学4時間07分45秒79
6位びわこ大学4時間11分25秒91
7位同志社大学4時間15分22秒51
8位京都大学4時間19分38秒32
9位龍谷大学4時間21分27秒28
10位大阪大学4時間25分10秒14
11位神戸大学4時間26分42秒45
12位佛教大学

 

 

第55回全日本大学駅伝に関西地区から出場する大学は、大阪経済大学、立命館大学、関西大学、関西学院大学になります。

 

さらに関西選考会では出雲駅伝への出場権も今大会では3位まで獲得できるので、大阪経済大学、立命館大学、関西大学は10月9日に行われる出雲駅伝への出場も決定しました。

 

>>>詳しい内容は、以下参照


参考
第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 関西学連出場大学(出場枠4)選考会 要項(案)関西学生陸上競技連盟公式HP

 

関西地区選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝2023関西予選の日程や出場校は?ライブ配信情報も
[kanrenc id=”9281″]

 

 

中国四国地区(出場枠数:1枠)

 

 

●選考会大会名:秩父宮賜杯 第54回全日本大学駅伝対校選手権大会 中国四国地区選考会

●開催日程:2023年9月23日(土・祝)

●開催場所:キリンレモンスタジアム陸上競技場(山口県防府市)

●選考方法: 1チーム8人以上13人以下のエントリーを行い、当日の出走も13人までとする。各人が10,000mを走り、各校の上位8人の合計タイムの上位1校を代表とする

●選考会出場校: 愛媛大学、岡山大学、環太平洋大学、高知大学、至誠館大学、広島大学、広島経済大学、広島修道大学

●2022の本戦出場校:環太平洋大学

●2023の本戦出場校:環太平洋大学

 


参考
2023年度(令和5年度)競技日程中国四国学生陸上競技連盟公式HP

 

第55回全日本大学駅伝 中国四国地区選考会 結果
順位大学名合計タイム
1位環太平洋大4時間17分22秒
2位広島経済大4時間19分01秒
3位岡山大4時間19分45秒
4位広島大4時間29分38秒
5位至誠館大4時間32分59秒
6位広島修道大4時間47分29秒
7位高知大5時間0分13秒
愛媛大棄権

 

中国四国選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝2023中国四国予選会(選考会)の日程やライブ配信情報!
[kanrenc id=”10015″]

 

 

九州地区(出場枠数:1枠)

 

 

秩父宮賜杯第55回全日本大学駅伝対校選手権大会九州地区選考会の要項が発表されました。

 

●選考会大会名:秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会 九州地区選考会

●開催日程:2023年5月28日(日)10:00競技開始

●開催場所: 福岡大学陸上競技場

●選考方法: 1チーム8~10名のエントリーを行い、10,000mの完走者上位8名のタイムを合計して最も良い記録を出した大学を代表校とする

●選考会出場校: 第一工科、鹿屋体育、鹿児島、日本文理、福岡、九州、長崎国際、長崎

●2022の本戦出場校:第一工科大学

●2023の本戦出場校:鹿児島大学

 

第55回全日本大学駅伝 九州地区選考会 結果
順位大学名合計タイム
1位鹿児島大学4時間15分41秒04
2位第一工大学4時間16分30秒82
3位福岡大学4時間20分16秒44
4位日本文理大学4時間20分35秒45
5位鹿屋体大学4時間21分26秒88
6位長崎国際大学4時間26分00秒96
7位九州大学4時間38分07秒61
8位長崎大学4時間42分06秒67

 

 

選考会の結果は、鹿児島大学が38年ぶりに優勝して本戦への出場権を獲得しました!!

おめでとうございます。

 

 

参考記事のタイトルとURLを入力してください

 

>>>九州地区選考会に関する詳しい内容は、以下参照


参考
秩父宮賜杯第55回全日本大学駅伝対校選手権大会九州地区選考会 要項九州学生陸上競技連盟公式HP

 

九州地区選考会についてさらに詳しく知りたい方はこちら
>>>全日本大学駅伝2023九州予選(選考会)の日程やライブ配信情報!
[kanrenc id=”9303″]

 

 

全日本大学駅伝予選会(地区選考会)2023まとめ

 

全日本大学駅伝2023の地区選考会について、選考会の日程や選考方法をお伝えしてきました。

選考会が終了し、本大会に出場が決定している地区の出場校が出そろいましたね。

選考方法は各地区学連に一任されているので、ロードレースの距離の長さが違っていたり、駅伝を採用していたり、地区によって異なるというところも興味深いですよね。

また、選考会の開催時期も地区によって様々であることが分かりました。

全日本大学駅伝の前には出雲駅伝も控えていますので、出場するチームや選手のみなさんは忙しくなりそうですよね。

体調に気を付けてベストを尽くして欲しいなと思います。

 

 

全日本大学駅伝についてもっと知りたい方はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。