関東学生連合チームの監督は誰がなる?OPの意味やもし総合優勝したらどうなる?

 

箱根駅伝はシード校と呼ばれる前回大会の上位10校と、10月に行われる予選会を通過した上位10校、そして関東学生連合チームの21チームで競われます。

関東学生連合チームとは、予選会を通過できなかったチームの個人成績が優秀だった選手が選ばれて作られたチームのことですが、誰が監督を務めるのかご存知ですか?

そして関東学生連合チームについている「OP」の意味とは?関東学生連合チームが総合優勝したらどうなる?

知っているようで知らないことが多い関東学生連合チームについて、詳しく調べてみました。

 

関東学生連合チームについて超初心者はこちら
>>>超初心者でも分かる関東学生連合チーム
【超初心者】関東学生連合(関東学連選抜)チームとは?

 

関東学生連合の監督は誰がなる?2022年の箱根駅伝の監督は?

 

関東学生連合チームの監督は、箱根駅伝の予選会で落選した最上位の大学の監督が務めることになっています。

予選会で落選した最上位、つまり11位だった大学の監督ということになりますね。

2021年10月に行われた予選会で11位だったのは、拓殖大学

つまり、2022年の関東学生連合チームの監督を務めるのは、拓殖大学山下拓郎(やました たくろう)監督。

 

山下拓郎監督は、関東学生陸上連盟より山下拓郎監督へ監督功労賞が贈られているのですよ。

 

指導者功労賞は、本連盟加盟校陸上競技部の部長、監督、コーチまたは、それに準ずる指導者として多年にわたり本連盟の発展に尽力し、その功績が特に顕著な方に贈られるものです(連盟規約より)

出典:TAKUDAI ACTIVE 山下拓郎監督が監督功労賞受賞

 

いつも思うのですけれど、大学のチームとして箱根駅伝に出場ができないことが確定したと同時に、関東学生連合チームの監督となるというのは、どのような心境なのでしょうか。

箱根駅伝への気持ちは監督も選手と同じだと思いますから、気持ちの切り替えも簡単ではないことと思います。

しかも各校から集められた16名を指揮するのですから、10月の予選会を終えて1月までの短期間で一つのチームを作るというもの、大変なことですよね。

今年の山下拓郎監督のチーム作りも、非常に楽しみです。

関東学生連合につくOPってなんのこと?

 

関東学生連合チームを表すとき、「OP」と付いていたり、「OP参加」「OP学連」と表記されることがあります。

この「OP」というのは何を意味するのかご存知ですか?

関東学生連合チームは箱根駅伝に出場はできるものの、個人の記録は有効となりますが、順位の記録が残らないオープン参加という形になっているのです。

参考記録に留まる、ということなんですね。

そのため、オープン(OPEN)の略称である「OP」という文字が使われています。

テレビ中継で順位が表示されるときも、順位欄に「OP」と表示されているのが確認できるかと思います。

また、各大学のカラーがたすきの色になっていますが、関東学生連合チームのたすきの色は、白地に赤で「KGRR」と書いてあります。

これは関東学生陸上競技連盟のロゴマークなんだそうです。

そのあたりも気にして見ると、箱根駅伝をより楽しく見ることができるのではないでしょうか?

 

箱根駅伝の関東学生連合オープン参加の理由についてはこちら
>>>関東学生連合がオープン参加で順位がつかないのはなぜ?
関東学生連合がオープン参加で順位がつかないのはなぜ?個人の記録は?

 

関東学生連合がもし総合優勝したらどうなる?

 

往路と復路のタイムで総合優勝が決まる箱根駅伝、もし、関東学生連合チームが総合優勝したらどうなるのでしょう?

2007年から2013年までは関東学連選抜チームという名称で順位がついていた時期もあったのですが、2015年から関東学生連合チームに名称が変更になり、順位がつかないオープン参加となったのですよね。

そのため関東学生連合チームが総合優勝したという前例がなく、はっきりとしたことは言えないのですが、仮に総合優勝のタイムを出したとしても、2位のチームが総合優勝となることが考えられます。

前回大会の関東学生連合チームは11位相当という参考記録が残っていて、総合順位には反映されていないところを見ると、関東学生連合チームを除いた20チームで順位が決まることが分かりますね。

関東学生連合チームには総合優勝も最下位もない、というのが現状のルールとなっているのです。

 

2022年の関東学生連合の登録メンバーに関して詳しくはこちら
>>>箱根駅伝2022の関東学生連合チームのメンバーや監督は?
関東学生連合2022のメンバーや監督は?選手一覧とタイム記録

 

関東学生連合の監督まとめ

 

箱根駅伝で走ると言うのは選手にとっては夢舞台、たとえ関東学生連合チームだとしても箱根駅伝への想いは他の選手と同じ気持ちなのではないでしょうか。

各選手、悔いのない走りに期待したいと思います。

 

箱根駅伝2022の出場校について詳しく知りたい方はこちら

2 COMMENTS

ああああ

OPNEでなくOPENでは?

20チーム参加するのになんで11位の監督?

さくきよ

ああああさん

ご指摘下さりありがとうございます。訂正いたしました。

関東学生連合チームの監督は、箱根駅伝の予選会で落選した最上位(11位)の大学の監督が就任しますので、11位の監督になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です